唐田えりか ソニー損保のCMで注目を集め東出昌大と映画でヒロイン


唐田えりかさんは、3歳と2歳年上の2人の姉の影響を受けて幼い頃からファッション雑誌を読み、密かにモデルへの憧れを抱いていた

[2014年(甲午)春、千葉県内の女子高校の2年、アルバイトをしていたマザー牧場でフラームのマネージャーによってスカウトされた。
フラームという事務所には、広末涼子・戸田恵梨香・吉瀬美智子・有村架純さんなどが所属しています。

高校に通いながら、ボイストレーニングや演技のレッスンを重ね、2014年9月に韓国のアイドルグループ少女時代のミュージックビデオ「DIVINE(Story ver.)」に出演して芸能活動を開始。

2015年4月に事務所の先輩である有村架純の主演映画の完成披露試写会に訪れた際、有村のマネージャーにより「唐田ちゃん、TMK(透明感)がすごいです!」とツイッター上で紹介されて[7]話題を呼んだ[8]。

『サンケイスポーツ』の2015年5月4日付の記事「気になるあの娘GWコレクション」[4]で紹介され、同紙はこれを唐田の“芸能界デビュー”と位置付けている[9]。

2015年(乙未)7月にフジテレビ系の月9ドラマ『恋仲』第1話へゲスト出演、女優としてデビュー。
7月14日に公式サイトを開設[10]。

2015年9月には、オーディションを勝ち抜いてソニー損害保険のイメージキャラクターに抜擢され、CM初出演を果たす。

高校卒業後の2016年4月より芸能活動に専念[14]、
2016年5月に上京、ワークショップにて演技のレッスンを受けつつ[15]、女優とモデルの両立を目指している[16]。

2016年7月より放送のテレビ東京『こえ恋』に主要キャストで出演、連続ドラマに本格的にデビューした[17]。

2018年公開予定の映画『寝ても覚めても』のヒロイン・朝子役にオーディションで選ばれる[18]。

スポンサードリンク

唐田・エピソード
血液型A型
身長167cm:小学生の頃から背が高く、当時やっていたバスケットボールなどで活躍していた[1]。
三姉妹の末っ子。3歳と2歳年上の2人の姉の影響を受けて幼い頃からファッション雑誌を読みとあります。

趣味は音楽鑑賞。特技は書道、書道は小学2年から中学2年まで習っていて、文字に自信を持っている。
好きな言葉は「やれなかった、やらなかった、どっちかな」の文字を書いた動画がありますが、きれいな文字です。(相田みつを)[21][要出典]。

好きなスポーツはバドミントン[3][21]。
文武両道のようで、才能豊かなというか、書道を7年間?続けるなど、頑張り屋さんのようです。

また、2016年8月10日・17日放送の『ヒルナンデス!』の企画「夏の大挑戦!富士山にもう一度登りたい」にてつるの剛士、マイケル富岡とともに富士登山に挑み、初めての本格的な登山ながら悪天候の中、登頂に成功していることからも感じます。

映画
寝ても覚めても(2018年公開予定) – ヒロイン・朝子 役[18]

フラームという事務所には、広末涼子・戸田恵梨香・吉瀬美智子・有村架純さんなどが所属しています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です