夫婦関係の悩みでよく聞くのが、
「夫は話を聞いてくれない、話しても無駄!」というのがあります。きょうは、夫を変えたい、夫に話を聞いて欲しいあなたへ。

スポンサードリンク

それで、
そう言う人たちの話をよく聞いてみると、
「話を聞いてくれない」以前に、
自分の方からコミュニケートしていない、
ということがうかがえるのです。

何回話したのかはわかりませんが、
あきらめてしまっている?

なにかの理由で、話すことをやめた。

「あのね〇〇さん、あなたの方から、
話そうと思っていませんよね?」

と尋ねると、たいがいこんな答えが返ってきます。

・だって、話しても聞いてもらえないし・・・。
・怒った顔見たくないし、
・けんかになるし

「相手がきいてくれない」
ことのせいにして、そこで止まってる。

こういう夫婦の場合、そもそも
「話しても聞いてもらえない」
んじゃなくて、ほとんど話してはいない。

そこをつっこむと、
次は、こんな答えが返ってきます。

「実はわたし、言いたいことが言えないんです。
もっと言いたいことが言えるようになりたいです。」

スポンサードリンク

「もっと言いたいことが言えるようになりたい」

これって、もっともらしく聞こえますが、
こういう人は、いつまでたっても、絶対に、
言いたいことが言えるようは、なりません。

え?
なぜ?って。

だってね。

その理由は、簡単です。

「言いたいことが言えない」

のではなくて、

「言わない」
ことを自分で選んでいるから。

それは、自分が我慢すればすむこと。
波風立てたくないし・・・。
など、いろんなことを考えての
ことでしょうが・・・。

でも、ストレスはたまるわけで。

そんなこんなで、逃げてる?

「言わない」
と自分で選んでいながら、
「言えない」
せいにしているのです。

そのことに、気がつかなうちは、
いつになっても、言いたいことが
言えるようにはなりません。

言ってもしかたがない、
夫は変わらない
って、自分で決めませんか?

夫を変えたいなら
あきらめることなく
言い続けましょう。

少しづつ、工夫しながらね!

直球ばかりで勝負するから
あきらめちゃうのよね。
時間をかけて、変化球も
おぼえましょうよ。

スポンサードリンク