1979年2月18日 丙辰 冠帯の男性の性格と大運

Pocket

1979年2月18日 男性 丙辰 冠帯の運勢
日  月  年
丙  丙  己
辰    未

日柱が冠帯の人は、20歳前後の男の子の気性。
勝気で負けず嫌い、前向きに大きく物事を捉え、行動的です。

スポンサードリンク

05 15 25 35 45 55
  乙  甲  癸  壬  辛
  丑  子  亥  戌  酉

丙辰(ひのえ たつ)冠帯の日生まれ。
丙の太陽がイメージ、2月ですからまだまだ厳寒の季節ですが
丙・丙と太陽が二つ並んで、温かいお天気です。

己・未・辰と、土星が3個もあって、広い土地があり、
寅木が、堅い土の中から芽をだそうとしています。

61-2159

大運は、

26歳から35歳まで癸亥(みずのと・い)

大雪や大雨が降るお天気ですから、太陽は輝けず
停滞気味の運勢だったと思います。

OH98_koudainasetugen500-thumb-755x500-4005

丙の太陽が二つならんで、兄弟や友人。知人が
何かと良い作用で、力になってくれます。

36歳から、45歳まで壬戌(みずのえ・いぬ)

大運が、秋の季節に変わります。
雪に覆われて、冷たかった土地が、紅葉の季節に
変化したのです。

yjimage奥入瀬1

壬戌、壬水は川が流れるとなり、
戌土は辰・戌の冲となって、自分の心、考え方に
大きな変化を求めるようです。

甲午(きのえ・うま)の2014年、
寅木に甲木が透干となり、寅午戌火局して、
夏の丙の太陽は熱く輝き、迷いが吹っ切れ
特にその傾向が強く働く年回りだったように思います。

スポンサードリンク

樹木yjimage

乙未(きのと・ひつじ)の2015年は、
去年からの大きな変化、決断に、もう少し
細かい所を修正しの来年、丙申(ひのえ・さる)、
比肩の、自分の思いを通す、夢を実現に向けて
しっかりと計画を練る時期です。

te_037

これからの10年間は、基本的に上昇運。
今までの冬の季節が、秋になって
錦秋の紅葉をみたいと観光客が集まるはず。

寅木は、印、土は食傷、今までの経験を世間に
アピールする時が来たようです。

46歳からの大運は辛酉(かのと・とり)

丙火から辛金は、正財です。
辛酉の大運・10年間は、丙辛の妬合(とごう)となります。

冬の寒い季節は、丙の太陽エネルギーは弱く、
特に癸亥の大運は・丙の友人や兄弟の協力がうれしい、
という時期になっていました。

でも、暖かい季節になると太陽が二つは暑苦しいとなり、
妬合は仲間われ、友人や兄弟がライバルとなり、
財を奪い合う、となります。

yjimage1FTUOGWO

・年齢的に親が財産家の場合、兄弟で財産争いがおこる傾向があります。
・仕事で、共同経営の場合は、経営方針など食い違いがおこって、
 相手が独立をしたいと言ってくるかもしれません。
・従業員や信頼している人に、お金を持ち逃げされるなど
 お金のトラブルに要注意の時期です。

・結婚をしている男性は、家庭を大事にしないと、
 妻がどこかへ行く・・・となるかも。

まとめ

命式にとって、運を安定させるために頼りになる星を
用神と言いますが、ある時期は大切な味方だったものが
季節が変わると、いじめる星になって困らせる作用を
起こす星に変化することになったりします。

これらのことを考えて、悪いことは当たって欲しくないのですが、
もしも・・・のことを考えて、保険としていろいろな対処法を
用意していただけると、思いがけない事が起こっても
あわてないで済むかな。・・・と思います。

参考にしていただければうれしいです。

 

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です