四柱推命の柱が表す事象・意味

四柱推命・年柱

生まれた家柄・両親の環境、幼児期の
育った環境などを想像できます。

年柱は、幼児期にどんな環境に生まれ、
育てられたのか、その環境が、どのような
思考・行動をする性格をつくったのか
などを知るためのカギとなります。

また、初年期・20歳くらいまでの運勢エネルギーを
表している柱でもあります。

四柱推命・月柱

社会に出てからの環境や仕事に向かうエネルギー、
家庭環境などを表しています。
月柱は、その人が社会において活躍するには、どのように
すれば良いかを知るためのカギとなります。

四柱の中で、生きるための道具となりますから、
重要な柱と考えています。
また、中年期・40歳くらいまでの働き盛りの運勢
エネルギーを表しているとかんがえています。

四柱推命・日柱

日干を自分自身の基本的な部分、日支は
恋人や配偶者などを表すと考えます。

スポンサードリンク

日柱は、その人の性格や、生き方、
どのような趣味嗜好なのかなど、を想像します。
また、配偶者はどんな人を選べばいいのか?
幸せなのかを知るためにカギとなります。

また、中年以降・40歳からの運勢エネルギーを
表している柱でもあります。
私が使う四柱推命では、日干を基準に、他の五行との関係、
大運とからみでどんな事象が起こることが想像されるのか、
できるだけ正確にキャッチすることを重要視しています。

20年以上前に習った四柱推命は、生日地支の配偶者の位置に
正官または、正財の通変星を持つ女性は、
幸福な結婚に恵まれると習いました。

でも、実践鑑定では、女性の生日地支に正官または正財がある
という理由だけで、 その女性の結婚生活が幸福であると
断定することはできません。

大運との関係を検討してからでないと、
本当の吉凶は断定できないと思っています。

<a href=”http://sityusuimei.blog.so-net.ne.jp/2014-12-14″ target=”_blank”>九星気学で見る性格</a>

スポンサードリンク