四柱推命 通変星 日干丙と癸  正官との相性と象意

丙にとって癸(正官)の雨水は曇り空となり
丙火の隣に癸水があったり、大運、年運に癸水が巡ると
丙の太陽は輝くことができません。

でも、夏5・6・7月生まれの丙太陽さんには、
通り雨は、ほっと一息潤いの水となり、お助け水です。

スポンサードリンク

☆ 丙と癸 (正官)との相性

丙は太陽がイメージですが、癸は雨や井戸水がイメージ。
丙の太陽の光は癸の雨、雨雲によって遮られてしまい、
輝けない、となります。

無題雨雲1

癸水からも、壬水と違って少量の水と考えられ、
丙の太陽の強い熱で蒸発してしまいやすく、
緊張するとか、気を使う関係、相性となります。

でも、夏の季節の熱すぎる太陽にとっては、
打ち水はホッとさせますし、
夕立ちがあると、涼しくなります。

ゆ無題

丙火と癸水は、距離の取り方を工夫して、
お互いを認め合ってうまくいく関係、相性となります。

丙に癸が巡って来た時の事象

丙から癸は正官、女性にとっては、異性運。
男女ともに、仕事運の努力に対しての評価や
結果が出る時です。

スポンサードリンク

仕事運

丙の太陽は癸の雨雲によって、太陽の熱エネルギーや
輝きをコントロールされてしまい、行動力がにぶり、
成果が出にくい時期になるようです。

特に、夏のエネルギッシュな太陽の人にとっては、
仕事に一生懸命になりすぎて周囲が見えない、
自己主張が過ぎるとき、わがままが過ぎて
冷静な判断力をなくして、自分を見失っている時には、
癸水は、冷静さを取り戻させてくれる癒しの水となり
反省して、自分を振り返るときのようです。

情熱的な太陽にとって、癸水は、自分を抑える星、
常識をわきまえている人となりますから、
自我が強い時期は、うるさい相手と感じるかもしれませんが、
自分に足りないものを持っています。

良い結果が出た人は、上を目指して頑張りましょう。
悪い結果が出た人は、今までの自分の棚卸をして、
きちんと整理し直して理由をはっきりさせて
自分を作り直す、変化運です。

恋愛・結婚運

女性で、恋人がいる人にとっては、
結婚へ進むか、分かれるかと白黒つけたい時期。

jewel_opal
お付き合いしている人がいない人は、その理由を
しっかりと見つけ出して反省し、変身しましょう。

スポンサードリンク