通変星と十二運と地支蔵干と行運について 

四柱推命の基礎については、初級としてたくさんの入門書がありますし、インターネット上でも多くのサイトがあり、最近は、初心者に学びやすい環境になっていると思いますが、私ならではの見方、というか考え方を紹介させていただきます。

スポンサードリンク

 
できるだけ、噛み砕いてわかりやすくと気をつけてと思っていますが、四柱推命なんて見たことも聞いたこともないというような方にまで、掘り下げての内容ではありません。
多少は、四柱推命に触れたことがある方を対象としていますので、ご理解のほどお願いいたします。

通変星・十二運・地支蔵干について

十二運について

(生:長生、沐:沐浴、冠:冠帯、禄:建禄、旺:帝旺)

日干五行  絶 胎 養 生 沐 冠 禄 旺 衰 病 死 墓
甲     申 酉 戌 亥 子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未
乙         申未午巳辰卯寅丑子亥
丙 戊  亥 子 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌
丁 己
庚金   寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌 亥 子 丑

壬水行  巳 午 未 申 酉 戌 亥 子 丑 寅 卯 辰

一般的な十二運は、
陽干 (甲・丙・戊・庚・壬)の長生は、
陰干 (乙・丁・己・辛・癸)では、死です。
(陽が長生なら陰が死となり、順番も逆になります。)

そのほか、陽と陰では建禄と帝旺が逆、胎と絶が逆になります。
例えば、甲の長生は亥ですが、乙では死、甲の建禄は寅ですが乙は帝旺、甲の絶は申(さる)・乙の十二運は胎です。

流派によって十二支にいろいろと通変星を書き出す、すなわち蔵干すべてに通変星をつけるやり方がありますが、私は、通変星を全ての蔵干につけることはしません。

ただし、通変星をすぐに思い浮かべられるように、暗記はしています。
それと、月令の深さはあまり考えていません。
また四孟支(寅・巳・申・亥)の蔵干の土の余気はみませんし、午の土もみません。

四孟支(寅・巳・申・亥)は三合会局の陽干、四季支(丑・辰・未・戌)は三合会局の陰干とします。
例えば、水の三合会局は申子辰ですが、申は壬、辰は癸の蔵干を使います。

地支   蔵干
子・  壬・癸
丑・  癸・己
寅・  甲
卯・  甲・乙
辰・  癸・戊
巳・  丙
午・  丙・丁
未・  丁・己
申・  壬・庚 
酉・  庚・辛 
戌・  辛・戊
亥・  壬  

大運・行運について

行運として、大運、年運、月運、日運を見ます。
大運の出し方は、市販の本などを読んでください。
立運年の計算方法は、二十四節気、月の節入日から数えた日数を、3で割る方法です。

(大運少し変わった出し方として「高木乗」師の方法があります)

時差について

日本は、アメリカやヨーロッパとは10時間前後の時差、香港や台湾などとは1時間の時差があり、韓国とは時差がありません。
そして、正確には、日本国内でも日本標準時との時差・ずれがあります。

地球の自転は1日約24時間で1周(360度)しますから、1時間に15度回って、地上からみれば、1時間に太陽は15度進みます。
東から太陽が昇りますから、日本の時間は、北海道が一番早く朝日が登って、九州の日の出が一番遅いのです。

スポンサードリンク

例えば、
北海道根室市は東経145.6度。
鹿児島県南さつま市は東経130.3度。
日本標準時の明石は135度です。

根室市は、60分×10.6度÷15度で計算すると、標準時よりも42分早く、南さつま市は19分遅れることになります。

これは、根室市で昼の12時30分に生まれた人は、日本標準時の明石では、昼の1時12分生まれということになり、時間の干支が変わってきます。

このように正確に命式を作ろうとしたら、生まれた時間の時間差にも考慮が必要です。
最近は母子手帳に、正確な時間が記載されていると思いますが、生まれた瞬間をどう考えるかによって、生まれた時間によっては、難しいものがあります。
ですから、1・3・5・7・9・11の奇数時間の境に生まれた人は、二つの生まれ時間で命式を立てた方がいいかもしれない、と教えられました。

命式例1
1978年6月26日午後1時20分生まれの男命の命式(出生地関西)

大運の細かな年数は、実践をしてみて前倒しできたり、数年遅れたりすることが多いので、そんなにこだわらなくて良いと考え、四捨五入して4年としています。
左から時柱、日柱、月柱、年柱、大運となっています。

食  日  劫  劫  :   56  46  36  26  16  6
辛  己  戊  戊  :   食神 傷官 偏財 正財 偏官 正官
未  未  午  午  :    癸  壬  辛  庚  己  戊
冠  録   :     亥  戌  酉  申  未  午    
              

鑑定するときは、上のような命式を作成します。
通変星とか十二運などは、何回も繰り返してやっているうちに暗記するように覚えられますから、このような命式で十分だとおもっています。

命式の見方
おおざっぱな順序です。
1・日干支の強弱をみる。
2・干支がお互いに、どのような関係になっているかをみる。
3・命式の日干を中心にその他の干支の強弱をみる。
4・命式のバランスをとるのに大事なもの・必要なもの・要らないものに分ける。
5・干支、通変星、十二運の象意を具体的につなげて、起こるであろう事象を想像する。

(1)干支の相互関係について

干支の相互関係には、
1・日干と月支は通根しているかなど季節をみる。
2・天干と天干の相剋 
3・地支と地支の相剋 
4・天干と地支の相剋 

また、行運・大運に巡る干支と命式の干支との関係をみます。
この相互関係によって、とくに日干が受ける作用の影響や、その他の干支の強弱がどう変化するのか考える。

(2)干支の強弱
日干を自分とみます。
日干が命式において強いのか弱いのかを判断することが重要です。
また、命式中で最も強い干支、五行はどれかをみるのですが、干支の五行の相互関係をしっかり理解できていれば、その影響の強弱を推し量ればいいだけですから、難しく考えずに単純にいきましょう。

ただし、命式によっては判断が難しいこともあります。
とくに、従格や両神成象格など特別な命式、外格と言われる命式には悩むことが多いです。
この見方を間違えてしまうと、吉凶は全く逆になることもありますから、慎重にこれまでの出来事を、事象を検討しながらみていきます。

スポンサードリンク