命式例1
1978年6月26日午後1時生まれの男命の命式(出生地日本)
節入りは、6日の午前10時23分ですから
26-6=20  20÷3=6あまり2  10-6=4 順運・4年運

大運の細かな年数は、実践をしてみて前倒しで来ることがあったり、数年遅れたりすることが多いので、そんなにこだわらなくて良いと考え、四捨五入して6年としています。
左から時柱、日柱、月柱、年柱、大運となっています。

食  日  劫  劫  :   54 44  34  24  14  4
辛  己  戊  戊  :   食神 傷官 偏財 正財 偏官 正官
未  未  午  午  :    癸  壬  辛  庚  己  戊
冠  録   :     亥  戌  酉  申  未  午    
              

鑑定するときは、上のような命式を作成します。
通変星とか十二運などは、何回も繰り返してやっているうちに暗記するように覚えられますから、このような命式で十分だとおもっています。

命式の見方

おおざっぱな順序です。
1・日干支の強弱をみる。
2・干支がお互いに、どのような関係になっているかをみる。
3・命式の日干を中心にその他の干支の強弱をみる。
4・命式のバランスをとるのに大事なもの・必要なもの・要らないものに分ける。
5・干支、通変星、十二運の象意を具体的につなげて、起こるであろう事象を想像する。

干支の相互関係について
干支の相互関係には、
1・日干と月支は通根しているかなど季節をみる。
2・天干と天干の相剋 
3・地支と地支の相剋 
4・天干と地支の相剋 

また、行運・大運に巡る干支と命式の干支との関係をみます。
この相互関係によって、とくに日干が受ける作用の影響や、その他の干支の強弱がどう変化するのか考える。

干支の強弱
日干を自分とみます。
日干が命式において強いのか弱いのかを判断します。
また、命式中で最も強い干支、五行はどれかをみるのですが、干支の五行の相互関係をしっかり理解できていれば、その影響の強弱を推し量ればいいだけですから、難しく考えずに単純にいきましょう。

ただし、命式によっては判断が難しいこともあります。
とくに、従格や両神成象格など特別な命式、外格と言われる命式には悩むことが多いです。
この見方を間違えてしまうと、吉凶は全く逆になることもありますから、慎重にこれまでの出来事や、事象を照らし合わせて検討しながらみていきます。

干支のバランスを取る用神について

命式の喜神・忌神を見つけて、バランスを取る方法は、大雑把に分けて4つ。

スポンサードリンク

・命式の五行(木・火・土・金・水)の干支ができるだけ同じエネルギーにする。
・日干は、強いエネルギーを持っている五行に従う。(人が集まったらリーダーに従うほうが良い)
・命式の五行の流れをスムーズにする。
・命式の寒暖燥湿など、季節によって考える
扶抑用神、専旺、通関、調候用神というものを使います。

調候用神は季節や気候によるものばかりでありません。
例えば、庚金は火の剋がないと、一流品になれない、鍛錬が必要。

命式の高低について

命式に格が高いとか低いとか、高低をつけるというのを聞いたことがありますが、同じ誕生日でも親が違えば、環境も違うし、学歴や性格が違ってきます。
双子でも、兄と弟と、生まれた時から扱いが違っていますし、学校にあがれば、先生やお友達も変わってくるでしょう。
それによって、性格が違ってくるし、生き方、考え方が違ってくるので、命式の吉運を使えるかどうかは本人次だいです。
確かに、恵まれた命式とそうでない命式で極端なモノをみかけますが、大運もおおきく影響するし、何よりも本人の生き方で、おおきく人生は変わってきます。

どのくらいまで成功できるのか、どういう形で成功するのか、具体的には、政治家になって総理大臣までいけるのか?会社の社長で成功するのか、大企業なのか、自分で創業者となるのかなどを判断できる、という人もいますが、私にはそこまでわかりません。

命式の格が高いかも、と思っても、普通のサラリーマンだったり、出世したいと考えない人には、宝の持ち腐れで、平凡な幸せに生活する程度で終わっている人が多いです。
逆に、この命式でこんなに出世できるんだ!誕生日間違ってない?というのも、たまにあります。

なので、私は、命式の高低は考えません。

象意の考え方

命式の吉凶が、運勢の中でどのような形で現実に起こってくるのか?ということをわからないと対応できません。
でも、これもまた難しいことで、起こるか起こらないかは、霊感があって見えない限り、ピタリと当てることは無理です。

例えば大運や年運に巡る行運が吉運のときは、迷わず進め!
自分を信じての思い通りにやっても大丈夫です。
と伝えることができますが、商売のノウハウはわかりません。

また、凶運だと判断したときは、広げすぎた商売なら、整理が必要な時期のようです。とか、病気の心配があるとなったとき、それが神経系統なのか消化器系統なのか循環器系統なのかというぐらいの判断ができれば、占いとしては、上等かなと思っています。

あとは、早めに人間ドックで検査するなど、病院に行くことをおススメして医学にお任せするしかありません。

吉・凶の象意がどんなふうに顕れるのか?というのは占いをしている人にとって、永遠のテーマだと思います。
病気にでるのか、事故なのか、お金にでるのか、夫婦や家族関係にでるのか、対人関係なのか、どの程度の重さなのか?

実占に役立つようにできるだけ具体例を、わかりやすいように工夫してお伝えしたいと思っています。
よろしくお願いいたします。
  

スポンサードリンク