2018年の運勢を四柱推命占い・甲の人の仕事運と恋愛運

Pocket

2018年の運勢を四柱推命占い・ 甲の人の仕事運と恋愛運

2018年は、戊戌(つちのえいぬ)の年ですから、甲木の人にとっては、偏財というお金や男性にとっては女性との関係、対人関係の動きに影響が強い年回りとなります。

スポンサードリンク

甲の人の総合運

2018年の甲木の人は、戊の山土に出会うことになります。

甲木を新しい土地、それも山土に植え替えると想像しますので、お付き合いする人間関係に大きな変化が起こる可能性があります。

引越しや転職、また趣味の世界だったり、とにかく新しい環境を求めて自分で動くのか、周囲から動かされるのか?が想像されます。

とにかく、新しい環境で新しい人たちに出会う、可能性があるのが2018年の甲木の人の特徴です。

ただし、戊戌(つちのえいぬ)は戊が山土、戌も高い山の意味がありますので、結構高い山がイメージなんです。
そして、戊が戌土と一緒になった時は、戌土は乾燥した土ですから、岩のような土地・地盤になります。

甲木は、高い山で岩のように硬い地盤に根を張らなければいけないことが想像されますから、今まで出会ったことが無いような、プライドの高い頑固な人かもしれません。

貴乃花親方のような?

スポンサードリンク

とにかく、認めてもらうには、根性がいるようです。

また、甲木に、寅や卯の根っこがあるかどうかが課題となります。
甲寅の日生まれの人や、寅月(2月生まれ)か・卯月(3月に生まれ)の人は根があるとみます。

根がある人は、多少の苦労があってもエネルギーが強く根をおろすまで頑張ることができますから、新しい人脈が広がってやりがいのある年回りとなるでしょう。

でも、根っこを持たない甲さん(甲子・甲戌・甲申・甲辰・甲午の人)は、根を張るのに時間かかりそうです。
自分で頑張らなきゃと無理をしないで、人の力をかりたほうが、スムーズに事がや濃びます。

甲の人の仕事運

甲の人の仕事運を想像すると、戊戌の硬い地盤・土地に根を張らなければいけない訳ですから、すぐに打ち解けあえる関係の人間関係や環境ではなさそうです。

急ぐことなく、じっくりとゆっくりと時間をかけて、お互いを理解しあえるように努力がいるようです。

あわてないで、自分をわかってもらえるように表現力を磨きましょう。

2016年と2017年は自己アピールするために、表現力を養う年回りになっていましたが、どうでしたか?
今からでも、言葉や会話の勉強、プレゼンの仕方を練習しましょう。

節分まで時間があります^^。

甲の人の恋愛運

甲にとって、戊は偏財ですから、男女ともに恋愛運の年、新しい出会いはあります。

ただし、戊戌は高い山ですから、プライドが高い、自分よりかけ離れた考え方や環境の人など、結構ハードルの高い異性との出会いになりそうです。

恋愛、出会いはありますから、2018年はいろんな出会いをして、2019年に結婚を考えるのが理想です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です