2016年の運勢を四柱推命占い 日干が己の人の仕事運と恋愛運と金運

己(つちのと)の日干から、丙火の通変星は、印綬となります。
印綬は、知性・教養・資格など知識を得ることに興味を持つ時期になりそうです。
将来の自分はどうなりたいのか、考えた時に、今の自分が持っていない不足しているものを、勉強して内面を磨く時期となり、収束の運気となります。

スポンサードリンク

己土の日生まれの人の2016年・丙申年の仕事運

己土は、大地、田畑など、平原・平野の土がイメージです。

yjimag田園e
そして、丙火は太陽がイメージ・そして、印綬は、文化・芸術・芸能など、こころを豊かにする、という意味があります。

己土は、太陽の暖かいエネルギーで温められて、植物を育て、収穫へと向かいます。
収穫を、できるだけ豊かなものにするためには、豊富な経験と、知識が大切だと思います。

己土が丙の印綬が巡った年は、仕事に必要な知識と経験や、資格を身に付けることによって、常に丙の太陽を常にあびていることになり、自信を持つことができるのです。

印綬がめぐる時期には、精神面を充実させたいという意識が高まり、完成した人間を目指そうとします。
自分が自信をもって生きていくための勉強や研究、あるいは、仕事を向上させるための知識欲が出て、集中力もあり、熱心に取り組みます。

なので、仕事ではお金儲けや出世をするなど、生臭い欲望が影を潜めて、精神面・内面を修練を積んで悟りを開くような人間的に洗練された自分を作り上げるほうに興味をもちそうです。

人生の師と思えるような人との出会いも期待できるかと思います。
天高く、馬こゆる秋、清々しいお天気で涼しく過ごしやすい季節です。
将来、自分がどんな風になりたいのか、どんな環境を望むのか、しっかりと設計図を書いて、必要な知識や、資格の取得に挑戦してください。
知識に貪欲になりましょう。

比肩・劫財で蒔いた種が、食傷で芽を出して、財星でていねいに育てて、官星で収穫する、となります。
印星では、官星で収穫した結果を踏まえて、反省したり、次の発散、種まきの比肩・劫財にむけて、新しい知識や技術を身につける、勉強して自分を磨いてより大きな収穫ができるように準備する。

通変星での10年は、こんなサイクル、と考えます。

スポンサードリンク

己土さんに、丙の印綬がめぐる時期には、肥えた栄養ゆたかな土になって、甲や乙を育てられるように、知識を身につけるときです。
人によっては、乾燥した土で潤いがなく、頑固な石頭で融通がきかず、切り替えが遅い人もいるでしょう、

丙火は高いところから、己土を見守っています。
両親や上司など年上の人や、位の高い人でもあり、経験豊かな人との交流が、精神面を成長させてくれ将来を広げることと思います。
前向きに、経験豊かな人達と、交流しましょう。

イチロー・石川遼・加奈子の卒業文集

特に、己土は、甲木や乙の米や野菜を育て、収穫するのが使命です。
痩せた荒地では、豊かな実りは期待できません。
その土地にあった植物の種を探して、その植物の育て方を研究しましょう。知識や経験が、いずれ出世やお金につながります。
勉強しましょう。

己の日生まれの人の2016年・丙申年の恋愛・結婚運

己土の日生まれの男性の恋愛・結婚
少し自信がないようで、母親の愛情を求めるようです。
姐御肌のしっかりした女性や、年上の女性が自信を持たせてくれるでしょう。

己土の日生まれの女性の恋愛・結婚運

お化粧で外見を飾るのも悪くないですが、男性の心をしっかりとつかむには胃袋から。
料理の腕をあげましょう。

自分の内面を高めたい気持ちが強くなると、趣味や資格やおケイコの方を優先させたいようです。
自分のやりたいことを優先させますから、恋愛や、結婚への気持ちは少し、希薄かもしれません。

お付き合いしている相手がいる女性は、相手が決断するまで気長に待つしかないようです。
本を読んだり、自分磨きのお稽古に打ち込んで、有意義な時間を過ごしましょう。

己の日生まれの人の2016年・丙申年の金運

己から、金運を表す通変星は、癸。壬の水星と、水星を生む庚・辛の金星です。
戊・己の土は去年までに収穫が終わっています。

収穫した、蔵の中の作物をみて今度はどんな種を植えて、どんな育て方をしたら、大きな収穫ができるか、知識と経験を積む時期なので、お金を儲けたいなら、増やすための勉強をする時です。
例えば、株式投資に興味があるのなら、実際に株を買うのではなく、気になる会社を調べてシュミレーションしてみたり、本をよんだり、データをとったり、研究する時期です。

丁火の日生まれの人の2016年・丙申年の健康運

50歳以上で、壬寅(みずのえ・とら)の日や、庚寅(かのえ・とら)の日、辛巳(かのとみ)の日生まれや、寅月(2月生まれ)や巳月(11月)生まれの人は、変化が起きるなどと考えますので、健康診断を受けたほうが安心かもしれません。

スポンサードリンク