四柱推命占い 甲日干と丁 傷官の関係 相性

甲木と丁の関係は、身を削って愛情を注ぐお母さん。
甲木は、薪となって丁火が燃えるのを助けるのが使命。

スポンサードリンク

丙火の太陽と違って、丁火は燃える火と考えます。

灯火で暖めても、甲木を成長させることはできません。
丙火との組み合わせのときのような、明るく活発、
陽気な雰囲気とはちがいますが、
秋冬月の寒い季節の命式に、丁火があれば
根元の土を温めて、寒さから救う働きをします。

スポンサードリンク

身弱の甲

秋月生まれで、庚金の官殺が強すぎるような命式では
剛金を丁火が鍛えて使いやすい道具にする、
丁火が金✩を抑えてバランスをとり、喜神となります。

甲木は自分の身を削って丁の燃料となり、丁を助けます。

目上の人や社会につくすことによって、後からご褒美に
引き立てや援助をいただけることになります。

身強の甲

夏月生まれは、太陽のエネルギーが強く、
丁火が天干に並んで旺じることになれば、
かえって大火事となって害になります。

スポンサードリンク