結婚したい、でもどうやって出会うの?というあなたへ自分が結婚したい理想の人に出会う方法を教えます。
自分の理想通りの人と出会う方法は、できるだけ細かく、自分が理想とする男性のリストを作ることなのです。
リストのつくりかたのコツは・・・・・

スポンサードリンク

男性リストのコツはできるだけ詳しく文字にして紙に書く事

例・1

ふとこんな人がいたらなぁと、軽い気持ちで作りました。
・固い仕事
・穏やか
・頭がいい
・少し年上、
・堅実、
・価値観が近い、
・愛情深い、
・コミュニケーション好き、
・日常の家事におおらか、
・落ち着いた声質、
・スポーツマン、
・手が綺麗 など
具体的に想像して楽しんでいました。
その数カ月後に出会ったのが、今の主人。
まさにその通りのナイスガイ。
バツイチ子持ちの私を優しく受け止めてくれるというオマケ付きでした。

例・2理想の男性の特徴を詳しく文字で紙に書く

理想の男性の特徴を詳しく文字で紙に書く

わたしは、結婚前提で数年間付き合っていた人と別れたときに見つけた本に、書かれていたアドバイスを素直に実行しました。

「晩婚」といわれる歳になってから今の夫と出会い結婚しましたが、ある日「夫はわたしにはもったいないくらい完璧な人、我ながら良くしたモンだ」などと考えていたとき、ふと、リストを作ったことを思い出しました。

何年も経っており、すっかり忘れていたのです。あちこち探し回り、前のパソコンにセーブしてあったリストを見つけました!
ナント!特徴の98%くらいがそのまま夫!

内容は、
・年齢
・ルックス
・学歴など具体的なことから、
・習慣
・趣味
・性格
・信条、
・人生観
など目に見えないことまで、ぴったり。

リストを作ってから「晩婚」までかなり時間が経っていましたが、本当に理想のパートナーと一緒になるためだったのだと、妙に納得しました。
出典:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/1024/209930.htm?o=0

望むモノや人は明確にイメージしろ。

そうすれば現実となる

スポンサードリンク

私は34歳で結婚しました。
夫は本当に理想の相手でしたし、結婚して数年経った今も、独身時代に自分で理想とした結婚生活を、そのまま送っています。
私は30代も過ぎて数年経ったころ、
「あれ?そろそろ結婚相手を探さないとマズイかも!?」と思い、一年発起、婚活開始。
かと言って容姿は人並み、特別にモテるタイプでもなし。たちまち行き詰まりました。

そんなある日、気になる本に書いてありました。、
 「望むモノや人は明確にイメージしろ。そうすれば現実となる。」

私は「夫となる人」との結婚生活をイメージ。
最初は半信半疑でしたが、次第に「理想の夫と楽しく会話している所」「なんの不安も無くゆったりと結婚生活をおくっている自分」などなど、ほとんど妄想癖の状態に(笑)。 
そしていつしか現実にはいない理想の夫を身近に感じるような所まできたころ、なんと本当に現れました!!妄想していた理想の相手が。
こういう体験をしている人って実は少なくないような気がします。

出典:Junebug Weddings | Wedding Blogs – Best Photo…

かくいう、管理人も40年前、リストを作っておりました。
1・身長は、私が150センチなので、子供のためにも、170センチ以上。
2・私は自由でいたいので、束縛しない人。
3・ひとりで放っておいても大丈夫なひと
4・わたし、結構勝気で短気なので、大らかなのんびりした人
5・私の母は小さい頃に死んで、父親が再婚、嫁姑バトルで嫌だったので、長男でない人、できれば身内の少ない人。
6・共稼ぎは当たり前の土地柄で育ったので、真面目な働き者ならOK.
7・私、お酒が好きなので、お酒を飲む人
8・料理の好みが合う人
9・掃除や洗濯に神経質でないひと
10、ぺちゃぺちゃさせないで食べる人

こんな感じかなあ?
イメージしていただけで、誰にも言ってませんよ、気の許せる友人にも。
でも、この条件は、結婚するのに絶対に譲れない、と強く決めていました。

で、会社の上司が紹介してくれたのが、次男で、お兄さん夫婦が結婚して家業を継いでお姑さんと一緒に住んでいて、嫁姑問題は無し、で90パーセント以上、理想的な主人でした。
結婚して40年になります^^。

最近では、「引き寄せの法則」と言われているようですが、自分が絶対に譲れないと決めて行動すれば、あなたの理想の人と必ず出会うと信じて、実行してみてくださいね。

スポンサードリンク