冠婚葬祭が凶方位の時どう考えたらいいの?

スポンサードリンク

冠婚葬祭に行かなければいけないのに、
その場所が、凶方位の時、どうしましょう?
行ったら、凶作用が起こるのでは?と心配しているあなたへ

冠婚葬祭の吉凶方位について

私は、基本的に冠婚葬祭などの親戚や親しい友人との
お付き合いの時は、吉・凶方位を考えません。

冠婚葬祭に吉凶方位を気にしていては
身動きできませんし、大切な人達とのご縁を
失いかねませんので、困ったことになります。

私は、
「陰の気は、陰を呼ぶ」思っています。

マイナスの考え方が、本当にマイナスの気を
呼んでしまう、実際に起こってしまう、ということです。

行かなければいけないなら、起こるかどうか解らないことを
心配していないで、人のご縁という気も、運には
左右しますから、人のご縁、お付き合いを大切にして、
祐気採りとは、違うプラスの気をいただきましょう。

それでも、凶方位になったら気になる、という方へ

冠婚葬祭の方位ですが、吉方位の時は、
なんの問題もありません。

吉方位の祐気採りができると、
日帰りの予定を変更できるのでしたら
泊まって、ゆっくりされてもいいでしょう。

凶方位の時

日帰りできるなら、あまり気にしなくていいと思います。
特に、日盤が吉方位なら、月の凶方位は気にしません。

凶方位の凶作用は滞在時間に比例します。
日帰りでしたら、滞在時間は短いので
それだけ凶作用は少ないということになります。

スポンサードリンク

日帰りできる距離なら、日帰りにするように
したほうがいいと思います。

宿泊する時(物理的に日帰りが不可能な距離)

冠婚葬祭は、行かなければいけないご縁の人は
大事なお付き合いなわけで、行きましょう。

運というのは、方位だけがすべて全部左右するものではなく、
どんな人達とお付き合いがあるかも、関係あると、
私は思っています。

結婚式は、幸せモードたっぷりの気が流れています。
お祝いして、幸せの気を分けていただきましょう。

親戚や、親しくさせていただいた方のお葬式は、
最後のお別れのご挨拶はしたいですよね。

ご先祖様の法事は、方位が凶方位だとしても、
ご先祖様から見守っていただいているという
感謝の気持ちで参加させていただきましょう。

ご先祖様あっての、今の自分がある、と思っています。

凶方位を打ち消す方法

結婚式なら、その日まで結構、日にちがありますよね。
結婚式の日までに、吉方位へ祐気採り行っておけば、
大丈夫です。

お葬式は、急にきますから、帰ってから、
吉方位への祐気採りで消していきましょう。

凶方位にいる間はどうすればいいの?

一緒に行く人に吉方位の人がいたら、
その人の主導権のもとに行動しましょう。

くれぐれも、自分が先頭にたってなんて、
考えず、おとなしく言われたことだけしていれば、
大丈夫です。

持っていたら、水晶のブレスレットなどを
身につけていると、あなたを守ってくれます。

スポンサードリンク