甲日干と戊(偏財 )の相性と象意

甲からみて戊は、堅固、不動、頑健という性質を持っていて、
「偏財」の象意とは少し違った見方になります。

スポンサードリンク

甲から戊土の通変星は偏財ですが、流通の金銭というより、
不動産や資産などの財星、財産と考えられます。

✩ 身旺の時
甲木に寅卯の根があって身旺の命式に、水星があって、
乾燥した山土の戊が柔らかく湿っているときには
甲の樹木は、戊土をよく剋して、財産を
コントロールできる力を持っています。

大きな資産や不動産を運用して利益を上げ、
大きな財を築きます。

スポンサードリンク

性格は、まじめで現実的、経済観念に優れた才能を持ち、
蓄財能力が高い人というふうに見ることができます。

✩ 夏運の甲
夏月生まれや、巳午年生まれなどで、
水星が不足するような命式の甲さんは、
戊の乾燥した土が、さらに乾燥して、
固い砂や岩石となるため
甲木は根をはることができません。

甲木は乾燥しますから、少しの刺激にも弱く、
ポキっ折れてしまいそうで、庚金の官殺以上に、
日干甲を傷つける凶作用(折木と言われます)を起こします。

財に執着しすぎて、先祖の遺産や不動産などのために、
身動きが取れず、結婚できないなど、
苦しむことになります。

スポンサードリンク