宮崎健介議員、1981年1月17日を四柱推命占い 結婚運と女性運
金子が出産のため入院していた1月末にかけて、宮崎が自身の選挙区にある京都市内の自宅マンションに女性タレントを招き入れ、ともに宿泊したと週刊文春(2016年2月18日号)に報じられ、国会議員も育児休暇を・・・と注目を集めたこともあり、大きな話題になっています。

スポンサードリンク

日 月 年
乙 己 庚  空亡 辰巳
未 丑 申  本命 二黒土星

06 16 26 36 46 56
己  庚  辛  壬  癸  甲
丑  寅  卯  辰  巳  午

宮崎健介さん1981年1月17日の性格

宮崎健介さんは、乙未(きのとひつじ)の日生まれ。

乙は柔らかい植物、お花やツル系がイメージになります。
1月の寒い季節に生まれていますが、己・丑土は冷たいですが、足元の未土には丁火がありますから、温室で育てられているようで、あまり苦労はしていないかも・・・。

ちゅうりぷyjimage
乙から、己・丑・未の土星の通変星は財星で、お金や女性や社交性を表し、八方美人型で外面の良いタイプのようです。

乙のお花は、土星3個の広い土地に植えられていて、7歳から10年ごとに変化する大運は、春。
春の土は柔らかく、栄養たっぷりで乙のお花を育ててくれます。

ということで、常に女性に囲まれているのが自然、女性が放っておかないようです。
お花で根っこも弱いですから、自分の意思はあまり出さない傾向があり、女性や周囲に従って生きていくほうが人生スムーズにいきます。
ただ、女性の数が多すぎますので、よっぽど包容力のある女性でないと、妻は務まらないかもしれず、結婚は女性次第となります。

特に、宮崎健介さんの月と日の関係は天戦地冲になっていますから、結婚運が動きやすい、落ち着かない傾向があります。

スポンサードリンク

慎重188センチ、体重78キロで見ためも悪くないし、モテるでしょうね。
こんな人と結婚したら、心が落ち着く暇がなくて、精神的に参りそう・・・人相が変わってしまうわ。
お金に不自由しなかったらいいか・・・と割り切れるかな?
奥さんも議員さんらしいから、生活力ありそうだし、どうなるんでしょうね。

宮崎健介さん1981年1月17日の仕事運

10年毎に変化する大運は、夏に向かいます。
己・丑・未の広い土地、土は元気でお花はきれいに咲き続けるようです。
今回のことで、女性の信用を失ったし、社会的にもつじつまが合わないことをしてしまったと思いますから、政界という土地に住み続けることはどうなんでしょうね。

まあ政界という土地がだめでも、他にひろい土地を持ち、社交的な性格ですから、別の土地に植え替えて、楽しくやっていくことと思います。

乙のお花は、ちょっとの風にも揺れて危なっかしくて、放っておけないと手を差し伸べる女性がいっぱいでてくるようですし、いろんな世界にいろんな女性がいますから、女性相手の商売をするのも良いかもしれませんね。

乙のツル系植物は、甲の樹木に巻きついて高い場所d、花を咲かせるのです。

宮崎健介さんの月と日の天戦地冲で、社会運やお金に関しても、落ち着かない傾向があります。
去年の乙未の年とは、併臨と言われる干支が一緒で、こんな年も大きな変化の転換期とみますが、やっちゃいましたね。

乙から己は財星。
節分までは2015年・女性関係、妻縁・結婚運そして、月柱は社会運ですから、仕事や対人関係がガタピシする可能性が高い年運でした。

2016年の丙申は、秋とはいえ丙の太陽が照ってまだ温かいお天気ですが、申金がどう働くんでしょ。
庚申が年柱にあるんですよね。
2月は庚寅、3月が辛卯と乙が根を張ろうとしているのに、ハサミが切ろうと追いかけてきているようです。
4月4日まで、忍耐のようです。

スポンサードリンク