筆跡診断というのをご存知ですか?筆跡、文字を見れば書いた人の性格がわかるというものです。
ということは、文字の書き方を変えることができれば、なりたい自分に変身できる、性格も変わるんです。

スポンサードリンク

「子」の字の一番下のハネの部分

FullSizeRend筆跡診断er
「子」の字の一番下のハネの部分をしっかりとハネている人は、我慢強く粘り強い人、ハネないでさらっと流して書く人はこだわりが少ないのであきらめが早かったり、飽きっぽい性格の傾向。

「野」「島」「岡」「市」「博」「様」の文字でもハネの強さは分かりますので、これらの文字のハネの強さも見て、診断してみましょう。
ハネる部分を強く書く人 は、責任感が強く、忍耐強い努力家です。

ハネが弱い人 かったり、ハネないで書く人に多い性格の特徴は、フットワークが軽く、環境が変化しても適応が早い傾向です。

9の○の部分が全体の半分より大きい人、小さい人

○の部分を大きく書く人:エネルギッシュで気持ちが若く、年下と付き合うことを望んでいる

○の部分を小さく書く人:控えめな性格で従順、年上との付き合いを望んでいる

※○を大きく書く年上の人と、○を小さく書く年下の人の相性はお互いに無理がなく付き合えるので大吉となります。

書き出し(頭)に“ひねり”を付ける人、付けない人

1をまっすぐ棒のように書くか、「1」のように“ひねり”を付けるか?

“ひねり”を付ける人: 物事にこだわり、1つの事を最後までやり抜く性格の傾向、研究者などに多く、自分の考えをしっかり持っている人です。
特に、下に横線を引いて書く人は自分の意見を曲げることがない、意地っ張りな性格が強くでます。

“ひねり”を付けない人:あまり物事にこだわらない素直な性格で、社交性が豊かです。

勝の月辺に券のはらいがかかる人人

券のはらいが月にかかる人: 自分の力量以上に大きく見せたい気持ちが強く、派手好き

月のつくりと、券はらいを離して書く人: 人との距離感をとることが上手で心が広く包容力がある

「勝」「福」「博」のように”へん”と”つくり”の間を狭く書く人の性格の特徴は、スペシャリスト志向が強いが、気持ちに余裕がなく自己中の傾向が強い。

「勝」「福」「博」のように”へん”と”つくり”の間を広く書く人の性格の特徴は、大らかで包容力があり、交際範囲が広い傾向。

あるある大辞典 筆跡診断テストから

——————————————————————————–

スポンサードリンク

「大」の一からはみだす頭の部分を長く書くか、短く書くか?

はみ出しを長く書く人は、負けず嫌いで目立ちたい人、自信家など人の下につくことを極端に嫌うので、社長タイプ
短く書く人は控えめな性格で人の後から付いて行くほうが楽、協調性を大事にするので、平社員タイプ

——————————————————————————–
「京」の文字の「口」が大きいか、小さいか?
大きく書く人は気持ちが若くエネルギッシュ
小さく書く人は落ち着いた控えめな性格で、静かな環境を好む。

また、「口」の四隅の角の閉じ方を、きっちりと閉じて書く人は「几帳面」、開けて書く、閉じない人はズボラな性格の傾向。

「口」の四隅の角を丸く書く人は、ルールや決まりごとに縛られたくない自由人でユーモアもあり、アイデアが豊富に湧いてくるタイプですから、芸能界やデザイナーなど枠にはまらない仕事向きですが、角ばって書く人は、基本に忠実な真面目な性格なので、実務的な仕事、サラリーマン向きになります。

文字の筆跡を直すと「性格」も変わる

文字の書き方を変えることで、「脳」の使い方が変わり、使っていなかった細胞が活性化され性格の弱点を克服できる
字の筆跡を毎日意識して練習し、変えることができれば、自分が気になる性格の弱点を克服することができます。

特に、子供の性格で気になるところがあれば、お習字をする感じで、毎日練習してはどうでしょう。
もうすぐ、夏休みです。
おかあさんと子供が一緒に、毎日一文字、5分か10分 練習して性格が変わるか、試してみる、自由研究になりまませんかね?

スポンサードリンク