羽生 結弦さんの誕生日 1994年12月7日は丁卯(ひのとう)の日、十二運が病という日です。
丁火は燃える焚き火がイメージで、小さな炎に手をかざして、温まっているうさぎさん?

性格や運勢を想像してみたいと思います。

スポンサードリンク

羽生 結弦さん1994年12月7日の命式

  
  戌

10 20 30 40 50
  戊 己 
 丑   辰

1994年12月7日のイメージ

(ひのとうさぎ)の日生まれ。

丁卯は、冬の寒い季節にかまどや暖炉の中で燃える火がイメージ、日干に1個の丁だけですから小さな炎ですが、乙の麦わらや小枝と、しっかり燃える甲の薪燃料が用意されていて、燃えています。

yjimageK51RPMWBかまど

ただ、亥水が月支にどっかんと居座っていますから、家の外は氷雨や木枯らしでさむそうですし、油断をすると、水で薪燃料が湿ってしまいますので、気を抜けません。

戌土のレンガのおうちの中に乙の芝や小枝、甲の大きな薪燃料がっ用意されているのは、母親の細かい愛情や上司や社会からの援助の形、燃料は充分に用意されて守られていますから、自分勝手な行動をとらない限り、火は燃え続けることができそうです。

丁火は、乙・甲の燃料があってこそ長く燃え続けることができますが、燃料がきれたら、どんな大きな炎でも、いつかは消えてしまうのが、丙の太陽との違いです。

羽生 結弦さん1994年12月7日の性格

乙(偏印)・甲(印綬)の燃料は、知性・教養・専門技術、アイディアの意味ももちます。
乙・甲の柔剛自在に技を使いこなして、変幻自在に演じる多芸多才型で、天性の才能を持っているようです。

スポンサードリンク

月干・年干に乙・甲の木星が配置されて、両親や社会、年上の人から可愛がられる徳を持っています。

乙・甲・卯の木星は通変星は印綬・偏印、母、両親、指導者・恩師、後援者などの意味があり、丁火が燃え続けることができるように、我が身を削って助けてくれる人がいます。

また、知性・教養・専門分野・趣味・名誉、高い地位の人などを表し、プライドを持って、世間に認めてもらいたいと努力する人です。

月支に亥水があって、丁火は水を恐れますから、いつ、消えてしまうかと緊張するため、自己抑制が必要以上に強く働き、礼儀正しい性格で、よく考えて行動しますし、周囲の空気を鋭く感じとります。

木星の印星は才能の星、戌土の食傷でそれを表現します。
乙・甲とセンス、技術を、繊細な部分とダイナミックなところ、柔剛使い分ける、才能を持っています。

戌土が大事な役目をするこの誕生日は、現代の曲もいいですが、古典的な曲、クラッシックや日本の古いものが羽生結弦さんの良さをより引き立ててくれそうです。

命式の乙・甲・卯と印星大過の欠点は、偏印と印綬は混雑といって、熱しやすく冷めやすいとか、迷いがでます。

丁火に亥水の組み合わせは、線が細く、結構いろいろこだわりがあって、少し理屈っぽいところがあります。

印星は、学問や宗教も表しますが、、繊細な神経は疲れやすく、木星のバランスが崩れると、精神的に不安定な面がでやすく、騙されやすかったり、打たれ弱いところがあります。

羽生結弦さんの恋愛運と結婚運!

1994年12月7日の誕生日、丁から、庚・辛の金星が女性の星で恋愛や結婚の星。

戊・己の土星が金星を助けるので、土星と金星が巡った時が、恋愛や結婚のエネルギーが強くなる傾向があります。
また、丁火の十二運が強い時も、大きな決断をします。

2016年、丙申・劫財
2017年、丁酉・比肩
2018年、戊戌・傷官
2019年、己亥・食神
2020年、庚子・正財
2021年、辛丑・偏在

2018年の戊戌は財を助けますから、この辺から恋愛や結婚のエネルギーが強くなりそうです。
羽生弓弦さんは25・6歳で結婚したいと言っているとの情報がありましたが、どんな女性が登場するんでしょうね。

スポンサードリンク