30代の女性が「転職したい!」でも「転職して何をやりたいのか分からない、決まっていない、仕事運は?」と、相談にこられます。
今回は、自分の「価値」や「魅力」を見つけて、「やりたいこと」を仕事にするにはどうしたらいいか?をお届けします。

スポンサードリンク

転職を考える時期

転職したいあなたの理由は、上司や職場の先輩との関係がうまくいかなくてとか、なかなか良い評価がもらえないなんてことから、
「転職をしたほうがいいかなぁ~」と何となく考えているのだとしたら、すぐに会社を辞めるのはお勧めできません。

転職をして失敗する時期を四柱推命で観ると、真夏のカンカン照りで植物に水分が行き渡らず、乾燥した枝葉は潤いがなく、少しの刺激にもポキッと折れてしまいそうな状況や、大水で樹木の根が根腐れをおこしそうになっているなど、神経が休まらない時期なのです。

そんな危ない時期に、あやふやな気持ちで、職場を変えても活躍どころか、路頭に迷うことになりかねません。

転職を成功させるということは、希望する企業に入社することで終わりではなく、入社した職場で活躍できるかどうかなんです。

転職する前の会社での評価が低いまま、その原因を考えることをしないで辞めてしまった人の多くは、新しい会社でもあまり上手くいかずに、すぐに転職を繰り返している傾向が強いのです。

ですから、あなたがあやふやな気持ちのままで、転職活動をする前に、やらなければいけないことがあります。

転職活動の前にすること

なぜ、転職をしたいのか?転職してどうなりたいのか?
人間関係なのか、仕事の内容なのか?
冷静に細かいところまで、不満に思っていることを紙に書いてみることです。

職場での人間関係なら、なんでギクシャクしているのかを紙に書く。
あなたが辛いと思うのは、どんなこと?
辛いと思うことの原因の相手はどんな人か分析してみる。
相手の言っていることの本当の意味を深く考える?

「あのね、もう限界で気持ちに余裕がなくてどうにもならないと思うから、環境を変えたいし、転職活動をしようと思っているのに、そんなこと無理です~」

スポンサードリンク

そんな声も聞こえてきそうですが・・・・・。

そんな余裕のない状況で転職しても、職場を新しく変えても、新しい職場でのあなたは、新参者として慣れるところから始まるわけです。

いかに新しい環境に早く順応して、「仲間」として認めてもらえるのか、信用して任される人になれるかが、転職を成功させる鍵となるのです。

それを肝に銘じて行動しないと、新しい会社に入れたと喜び勇んで、早く仕事で認められたい!と頑張りすぎて、またまた周囲から浮き上がってしまう・・・なんて、ことになりかねません。

そして、再びの転職活動・・・と、転職を繰り返すことになって後悔しないために、ちょっと冷静になって、深呼吸する時間が必要だと思います。

今の会社で、上司とうまくいかない、自分のやりたいことをやらせてもらえない、と不満たらたらで、転職を考えているあなた!

チャンスをつかむためには、環境を変えることも大事ですが、タイミングも大事。

タイミング、時期が悪いから、今の課題をクリアーできないのですが、放置したまま、逃げたい、と思う気持ちはわかりますが、こんな時期はどこへいっても、夏のカンカン日照りや水浸しの冬なんで、転職しても、苦労するだけです。

まずは、現状がなぜスムーズにいかないのか?という課題にしっかり向き合って、時間がかかっても解決してから、今の会社を円満に退社しましょう。

世間った狭いもの、どこで、どんなタイミングで前職の仲間だった人たちとの再開があるかもしれません。
あたらしい企業への転職に成功された人は、前職の仲間との信頼関係を大切にされていて、ビジネスやプライベートで相談するなど、長いスパンで人生をとらえて、良好な関係を保っていく努力をしています。

”できる人”は、環境が変わっても適応能力が高いのでどんな会社でもやっていけますが、何かにつけて逃げ腰の人は、環境を変えても上手くいくとは限らないのです。

自分の「魅力」を知るためには、まずは自分を分析すること。
信頼される人、応援される人になりたい方はまず、深呼吸して現状を書き出して、自分で自分を評価してみましょう。

スポンサードリンク