戊辰の日、7月の暖かい季節生まれの男性の命式です。
平成23年ころのノートにメモ書きされていたものです。
大運が変われば用神がかわります。

35歳までの大運と35歳からの大運では用神がかわる例題です。

スポンサードリンク

1986年7月23日の命式

時 日 月 年
癸 戊 乙 丙
丑 辰 未 寅
067_thum-535x356

05 15 25 35 45 55
乙  丙  丁  戊  己  庚
未  申  酉  戌  亥  子

スポンサードリンク

戊土の山は、登山客や観光客で人が集まってにぎやかです。
辰に根があり、十二運が冠帯、寅に長生、丙火が年柱の干にありまずまずの強さ、力があります。

1986年7月23日の風景

月上の乙木は本業の仕事があって、あまり高く険しくない、なだらかな山です。

辰・未・丑とすそ野が広がって安定感があり、乙・寅木が植えられて、緑が豊かで癒される風景です。

甲寅木の根がしっかりとあって、水を溜め込みますから、見た目はよく、観光地や登山に適した山として人気があります。
卯が巡れば、官星が大過して仕事人間の傾向がでます。

大運の象意

大運は金・水と秋冬運が巡り、お金の問題から、副業をもつことになるかもしれません。

46歳の大運から一気に身弱に偏りますから、丙火を上手に使うこと。

体調は、内臓系や乙・甲の象意で宇津や神経の使い過ぎに注意。

スポンサードリンク