2017年・丁酉年の運勢無料占い 丁の日生まれの仕事運と恋愛運と金運
丁(ひのと)の日干から、丁火の通変星は比肩となります。
比肩運は、自分が考えてきたこと、計画してきたことを実現させたいとエネルギーを発散させる時期となります。
前向きに、目標や目的をはっきりと決めて、自分のペースで物事を進めたいという思いが強く働きますが、冷静に現実を分析しながら進みましょう。

スポンサードリンク

2017年 丁火の日生まれの仕事運

丁火は、焚き火や月、電灯などがイメージです。
庚・辛の金星を丁火で溶かして、世の中の役にたつ商品を作るのが使命の丁さん、どんなものをつくるのか、設計図はできていますか?

yjimage鍛冶1

通変星が比肩・劫財運は新しい旅立ち、自分の目標を定めて夢の実現に向けて挑戦する、始める時期、どんな夢を実現させたいのか育てるのかを決めて、実行に移す時期です。

2017年は、自分の個性や特徴をしっかりと自覚して、今までやりたいと思ってきたことを実行に移す、決断の時です。

yjimage横浜開港2

比肩・劫財で蒔いた種が、食傷で芽を出して、財星でていねいに育てて、官星で収穫する、となります。
印星では、官星で収穫した結果を踏まえて、反省したり、次の発散、種まきの比肩・劫財にむけて、新しい知識や技術を身につける、勉強して自分を磨いてより大きな収穫ができるように準備する。

通変星での10年は、こんなサイクル、と考えます。

丁火さんに、丁の比肩がめぐる時期には、冷静に自分の力量、才能を自己分析して自覚しながら、将来に向けて、目標をたて、前向きに頑張ることです。

普段は控えめで抑え気味の性格ですが、2017年は、しっかりと自分の考えを打ち出して、周囲に協力してもらいましょう。
あなたの考え方や、計画に無理がなければ、上司や周囲の援助もスムーズにいただけて、夢の実現への第一歩を踏み出すことになるでしょう。

丁火は、甲・乙の木星のエネンルギーの補充がなければ、長く燃え続けることができません。
親や、上司・周囲の援助をいただいたほうが、何事もスムーズに進みます。

比肩・劫財運は、必要以上に自分を大きく見せたいなど、イチかバチかの大勝負をしてみたいと考えるなど、いつもの自分では想像できないことを考えたりします。

計画性のない自己中心的な考え方や独断で行動することが多くなって、上司や同僚、取引先などとの、対人関係のトラブルに注意が必要です。
また、これくらい・・・とルーズな性格がでやすく、交通ルールなどおろそかになって交通事故につながるなど、気を引き締めないと後悔することになります。

裏をかえせば、チャレンジ精神が旺盛で、普段控え気味の人には、決断力が強くなる時期でもあり、タイミングがよければ、新しいことを進める時期になるかもしれません。

スポンサードリンク

自我が強く出すぎて協調性を失うと、周囲の理解を得ることができずに思い切って挑戦したことが無謀なこととなってしまいます。
自分で自分の棚卸をしながら良いところを認め、前向きに物事を進めていきましょう。

特に、丁は燃える火で人のため、世の中の役に立つものを作る、ネオンサインや街灯、お月さまとして夜の街を明るく照らすなど、自分の価値をしっかりと自覚できていれば、その良さを発揮する年になります。

自分を認めて欲しいという意識が強く働く年回りですが、前半は思うようにわかってもらえなくても、後半には波にのってくるでしょう。
自暴自棄になるなど、短期をおこさないで、丁酉・比肩、自分のやりたいことに挑戦しましょう。

2017年 丁の日生まれの恋愛・結婚運

丁火の日生まれの男性の恋愛・結婚

2017年、新しい門出の年ですから、結婚願望が強い人は、決断しましょう。
自己中心的な考え方が、せっかくの出会いのチャンスを逃しているみたいです、浅く広く付き合いましょう。
仕事を優先させやすいので、包容力のある女性や、年上の女性のほうが、楽かもしれません。

丁火の日生まれの女性の恋愛・結婚運

比肩が巡った時の恋愛は、自分のやりたいことや、仕事の方を優先させますから、恋愛や結婚への気持ちは少し希薄かもしれません。
結婚願望が強い人は、お見合いで、相手も結婚を考えている人との出会いにつとめましょう。

お付き合いしている相手がいる女性は、自己中心的で相手のことが見えなくなるかも、相手の気持ちも感がないと大切な人を失うかもしれません。
彼が自分にとって、本当に大切な人かどうか、どんな人なのか、冷静に考えてみる時期のようです。
自分を大事にしてくれない人・・・と判断したなら、やり直しを考えた方がよさそうです。

2016年 丁火の日生まれの金運

大きな金運を手に入れる足掛かりとなるか、それとも・・・・。

丁火から、金運を表す通変星は、庚(かのえ)辛(かのと)の金星と、金星を生む戊・己の土星です。
丁火は、戊・己の土の暖炉や建物の中で守られて、甲・乙(印・知性・資格・才能)の薪からエネルギーをもらって、庚辛の金星(財・人脈・コミュニケーしょん)を家庭で使うお鍋や、あるいは、車や船などの乗り物や、機械など、文明の利器、役にたつものを造ります。

丁火の比肩運が巡ったときは、自分の持つ才能や育ててきた経験を生かして、世間に認めてもらように自己主張する時期、新しい門出です。
例えば乗物、自動車を作るのが夢なら、その設計図を示して、周囲と一緒に作りましょうと提示する時期です。

自立独立を考えているかたは、お金の準備、特に運転資金に余裕をもって準備できているなら、OK,思いがけない出費、予算オーバーになっても慌てないですむように、準備怠りなくを、心がけてくださいね。

2014、2015年、甲午・乙未の薪エネルギーが巡った時期、印星の時にこれから必要であろう、知識や資格の取得に努めましたでしょうか?
2017年、時期到来、自分の能力を存分に発揮して、大きな金運の足掛かりとなりますように。

2017年 丁火の日生まれの健康運

50歳以上で、癸卯(みずのと・う)の日や、辛卯(かのと・う)の日、己卯(つちのとう)の日生まれや、卯月(3月生まれ)の人は、変化が起きるなどと考えますので、健康診断を受けたほうが安心かもしれません。

2017年の運勢・乙の日生まれ雨量

スポンサードリンク