手相の見方 主要4大線の生命線、頭脳線、感情線、運命線からわかること。

手相はたくさんのシワで刻まれていて、どれがどれだかわかりにくいですよね。
きょうは、基本の線の見方をお知らせします。

スポンサードリンク

じっくりみると、初めて手相を眺めた人にもわかりやすい、3~4本の太い線があります。
生命線、頭脳線、勘定戦線、そして手のひらの中央にあって、中指に向かってまっすぐに伸びる、運命線の4本が基本の線です。

FullSizeRender手相

生命線

親指と人差し指の間から、金星丘と呼ばれる場所を囲む生命線は、生命力、エネルギーの強さを見ることができます。
また、人生の大きな変化の時期なども見ることができます。

頭脳線

生命線の起点から手のひらを横切るように描かれていたり、まあるく円を描いて手首に向かっている線です。

スポンサードリンク

頭脳線は別名、知能線ともいわれ、現実的な考え方の理系か、想像力豊かな感性を持つ文系か?
思いついたらすぐに動きたい性格か、じっくりと慎重なタイプか?など、どんなふううに問題に取り組んでいくのかがわかります。

感情線

感情線は、小指の下から、中指や人差し指の付け根に向かって伸びている線です。

愛情表現など、人とのかかわり方がどんなふうにするのかを見ることができます。
冷静な不言実行型なのか、それとも社交的なでにぎやかな情熱家タイプなのかをみることができます。

運命線

その人の生き方をみます。
自分のやりたいことや目標を決めて、わき目もふらず、頑張るタイプなのか、時々、道草を」したい寄り道タイプだったり、仲間と一緒に歩きたいタイプなどがわかります。

まとめ

手相鑑定は、まずこの基本線、4本がどれなのか、見極めることからはじまります。
人によっては、運命線が出ていない人もいますが、生命線と頭脳線と環状線は、必ずあるはずですから、落ち着いてさがしてください。
手相が薄かったり、それぞれの線が2本あったりすることもあったりすると、どの線をみるの?と迷うこともあるでしょうが、あなたの目に止まった線、気になる線を鑑定すればいいのです。

あなたの目を信じて、感じたままで手相をみていきましょう。

スポンサードリンク