生まれた日が十二運 養(よう)の人の性格と適職

十二運が養の人は、母親の胎内で栄養をもらって
育てられている状態、自分の能力を出せる環境を
周囲が用意してくれるのを待っていればよい。

スポンサードリンク

養の人の性格

母親の養分をもらわないと生きていけないので、
生い立ち、生活環境が多いに作用します。
周囲が好きなことができるようにさせてくれる環境、
安住の場所を探して、移動します。

自分で運を切り開くのではなく
周囲の人から養分をもらって生きていきます。
養子運と言われるのも、実家に自分の居場所がなければ
自分が居心地の良い場所なら養子もこだわりません。

好き、と思ったらトコトン好きと伝える動きをするし、
嫌いなら、トコトン嫌いと意思表示をはっきりします。

安倍総理大臣は、庚辰(かのえたつ)の養。
知らない人は確認するまで、警戒する性格です。
この人は頼れる人か、足を引っ張る人か、
敵か味方かを、自分で確認しないと気がすまないのです。

取り巻きの人に、お神輿に載せられて上機嫌、
人にどう見られるかを大事にする性格、世間体を気にします。

人がどう見られているのか、見得や体裁、世間体が気にかかり、
人から評価されるのがエネルギーになる、視線を浴びるのが
うれしく、態度・行動がわかりやすいです。

人のことを信用できるかどうか、常に細かく確認しないと
不安になるので、側近は、知っている人で固めるなど、
ファミリー企業が一番居心地良く、大企業の社長は務まりにくいです。

スポンサードリンク

家を買うのでも、3000万円の予算のつもりが、
いいな・・・と思うとあきらめることをしない性格は、
無理を承知で予算オーバーして、大変なことになります。

恋愛や結婚

女性の養は、色っぽく、艶っぽい雰囲気のある人が多いです。

養は心や情の人、寄りかかる、甘えたい人なので、
単身赴任などで近くにいないと、疎遠になって、
新しい環境の中に、頼れる人、寄り添える人を探そうとします。
養の人は遠距離恋愛は、できません。

周囲から養分をもらって成長する養の人は、
自分が泥水をかぶるようなみじめな自分や
恰好の悪い生き方はできませんから、
付き合う人が良くないと失敗します。

人からプラスのエネルギーをもらうことができないと
成功はないので、自分から人を遠ざけることは、運が悪くなります。

養は、淋しがりやさんなので、親しくなって、身内意識になると、
強いつながりを求め、常に確認を求められます。
疑われると、冷たく扱われるなど、極端に接し方が変わります。

お神輿の上に乗ることができれば、最高にご機嫌な人。
人間関係を意識しているので、信用できる人に任せて、
いずれ自分の役に立つように持っていきます。
でも、裏切られたと思ってしまうと、
怨み、辛みの世界になり、怨念は深いのでこわいです。

養の人の適職

良くも悪くも、人に栄養分をもらって生きていくのが
人生を渡りやすい秘訣の養の人は、一人で孤独に自分の世界に
こもってするような、コツコツと努力する技術的な仕事よりも
たくさんの人に囲まれてする仕事が向いているようです。

養の日生まれの有名人

池田大作
岡田准一・金子ただし・

安室奈美恵・安達裕美

あなたの十二運は?

スポンサードリンク