嵐の 二宮和也さん1983年6月17日午前11時27分が誕生日ですが、丙の太陽、6月・午月の夏まっさかりで、ギラギラ輝いているように思うのですが、水星が三個ありますから、けっこうエネルギーの消耗もあったり、配置の問題もあったり。大運はどうなっているんでしょう?

スポンサードリンク

二宮和也さんの命式

時 日  月  年
  戊食 
    

053_壬辰thum-155x155

4 14 24 34 44 54 64 74
戊 丁 丙 乙 甲 癸 壬 辛 庚
午 巳 辰 卯 寅 丑 子 亥

二宮和也さんの誕生日の風景

 
丙は太陽、午月に夏まっさかりで、ギラギラ輝いて熱いです。
また、時間も午の時間ですから、強烈に輝く夏の太陽です。

二宮和也さんの誕生日は、癸と亥子水も3個あって広い海・太平洋や日本海、または、天竜川や四万十川などの日本三大渓流と見たときは、朝陽が、戊の山土の頂上から昇って、水にキラキラと反射しています。

広大な海や琵琶湖などの水面にキラキラ反射する夏の太陽ですが、天干に癸の雨水があるため、亥・子水とともに豪雨?、6月は梅雨の季節。
癸・梅雨の長雨が続くと、太陽は雲の中に隠れて、青空に輝く太陽とはなれず、スッキリとしたお天気でhありまえん。

スポンサードリンク

二宮和也さんの性格

二宮和也さんの誕生日は、夏の熱いエネルギーそのままの太陽と、梅雨空で雲に隠れて輝けない太陽の二面性があるかもしれません。

丙火の、太陽は、戊土を暖めて時間にある甲の樹木・偏印の成長が楽しみとなります。
戊・食神と甲の偏印の組み合わせを持つ二宮和也さんは、倒食と言われる個性的なこだわりを持つ職人さん気質の人、一流を求めます。

丙子(ひのえね)の性格と運勢

二宮和也さんの大運

14歳まで丁巳運・劫財運。

丁の燃える火は、甲木をエネルギーにして燃え、違う個性の自分や友人、知人を求めて可能性に挑戦します。

15歳から24歳・丙辰、比肩

自分の確立、自立、独立運。
丙の太陽が輝きを増し、戊山土は辰の四月や五月頃の新緑がまぶしい季節の土、栄養豊かな湿土に根を下ろして甲木は育ち、精神的に安定して、自分の目標が定まったかな?

甲は偏印、知識や経験、うたや踊りのレッスンや、俳優として演技を磨いて徐々に認められる。
1997年 :丁丑・『STAND BY ME』で舞台初出演・『元旦特別企画・松本清張原作「天城越え」』でドラマ初出演[6]。
1999年 :己卯・「嵐」としてデビュー。
2003年 :癸未・映画『青の炎』で映画初単独主演[3]。監督の蜷川幸雄は「繊細ないい演技ができるようになった」と評価した[7]。
2004年 :蜷川の舞台『シブヤから遠く離れて』の主役に抜擢された。これが舞台初主演となる。
2006年 :丙戌:『鉄コン筋クリート』で声優初出演、初主演:『硫黄島からの手紙』でハリウッド作品初出演、アメリカで高い評価を受けた(詳細は後述)。ハリウッドデビューはジャニーズ事務所所属タレント初、アカデミー賞ノミネート・授賞作品ともに出演は日本のアイドル初となる[8]。

25歳~34歳歳まで、乙卯、

植物の種を蒔いて育てる春の季節。
どんどん知的な欲求が強くなり、演技に磨きをかけ、活躍されています。

戊・食神と甲の偏印の組み合わせを持つ二宮和也さんは、倒食と言われる個性的なこだわりを持つ職人さん気質の人、一流を求めます。

35歳からの甲寅運も、樹木が茂るきれいな風景を作るわけですから、益々の活躍が期待できるかと思います。
どんな風に変わっていくのか、楽しみにしたいと思います。

スポンサードリンク