菅田将暉(すだまさき)ってよむんですね。菅田将暉ってややこしいですよね、“かんだまさき”って読んで、神田沙也加さんのお父さんと同じ名前?って勘違いしていました。菅田将暉さんの役作りへの“熱の入れよう“研究熱心さ”は有名で相手が何を求めてるか、一瞬で悟ってしまうそうですが、なぜそれができるのか?

スポンサードリンク

菅田将暉さんの誕生日1993年2月21日、月柱に傷官が上下にしっかりありました。  

癸酉 病の性格と運勢

菅田将暉 1993年2月21日

日 月 年
  
  

togetsukyou13

菅田将暉さんは、癸酉(みずのととり)の日、こんこんと湧き出る泉・井戸水がイメージですから、動きが少ない静かな雰囲気、性格で、向こうから何かがやってくるのを待つのが自然なのですが・・・・。

菅田将暉さんの大運が、16歳から、壬子(みずのえね)の川の運気が入って、泉が川となって、流れ出したようです。
水量がたっぷりありますから、目的地に向かって勢いよく流れます。

水は、どんな器にも入るという特性を持っていますから、変幻自在に要求される演技を提供できるわけなんでしょう。

菅田将暉さん、甲寅木・傷官の自己アピールと酉・酉金の印綬の組み合わせは、頭が良く自己表現が上手ですし、いかに自分を引き立たせ、目立つ存在に作りあげるかにプライドを持って、挑戦する人です。

大運32歳まで、辛亥と川の流れを決める水の量は、たっぷりとあります。
どんなところまで流れていくのか、楽しみです。

菅田将暉1993年2月21日の大運

05 15 25 35 45
甲  癸  壬  辛  庚
寅  丑  子  亥  戌

2007年(14歳):丁亥・「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選
2008年(15歳):戊子・第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出され、トップコートに所属が決定。

スポンサードリンク

2009年(16歳):己丑・『仮面ライダーW』で仮面ライダーW(声)役で連続テレビドラマ初出演・初主演を飾る。
2013年(20歳):癸巳・主演した『共喰い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
2016年(23歳):丙申・オリコンによる調査で2016年度のブレイク俳優1位を獲得した。
2017年(24歳):丁酉・NHK系おんな城主 直虎で大河ドラマ初出演。映画では『キセキ −あの日のソビト–』に主演、グリーンボーイズとしてCDデビュー。

菅田将暉さん、趣味はダンスとピアノで、特技はサッカー、アメフトだそうで、、芸術もスポーツもできる多芸多才なんですね。

「火花」に主演しますが、コメントでお笑いが最も好きなお笑い芸人はダウンタウンで『夢で逢えたら』や『ダウンタウンのごっつええ感じ』はタイムリーな世代ではないが、DVDなどでほぼ見ていると語っています。

菅田将暉さんは、13年8月に映画『共食い』で影のあるクセの強い少年を繊細に演じ、その直後の『ごちそうさん』(NHK)で、杏の長男役で、お茶の間からの認知度がグンと上がりました。

菅田将暉さんはとにかく頭がキレる。相手から何を求められているかを瞬時に理解して、それを提供できるんです。だからアクの強い役から明るく元気で素直な役まで演じ分けられる。礼儀もしっかりしていますから、菅田と仕事をしたがるスタッフは大勢います、と映画製作スタッフさんはじめ、謙虚に役者業と向き合う菅田を絶賛する声が多い。
出典:http://www.asagei.com/excerpt/40317

業界ではそのストイックすぎる役作りに注目が集まっているそうですが、甲木と辛金が並ぶ、金剋木の命式の人は、完璧主義の傾向が強いです。

「菅田将暉さんは、こうと決めたらそれをとことんまで追求するタイプです。『暗殺教室』でも、彼が演じる原作漫画キャラクターの赤髪を忠実に再現するため、納得のいくまで美容室に通っていました。

また、昨年は映画『海月姫』で女装男子を演じていましたが、女性の体型を作るため、わざわざ骨格矯正やエステに行き、普段はヒールを履いて生活するなど、徹底した役作りで女装に挑んでいました」

菅田将暉は役柄を演じるうえでの外見的な部分だけでなく、演技に関してのこだわりも凄い、菅田将暉ほど自分を追い詰める俳優はいないんじゃないでしょうか
出典:http://www.asagei.com/excerpt/34077

家族と兄弟エピソード

菅田将暉さんは大阪出身、久しぶりに関西の実家に帰省した時に、オフィスにあるようなマグネットの行先ボードがあり、自分は『外出中』と書かれていたことや、弟と外出時に写真を撮られそうになった際、弟に「プライベートなんで写真はやめてください。握手ならいいですよ」と、その場を仕切られてびっくりしたことなど、家族のエピソードも披露。

癸酉・癸酉と同じ干支があり、兄弟は対等の立場?上記のお話からも、機転の利く弟さんなんでしょうね。

まとめ
菅田将暉さんの傷官は、甲寅なので、しっかりとした根をもっていて、太くたくましい精神力を持っているみたい。
金剋木で、甲木を腕の良い植木屋さんが管理していますから、魅力的な演技をこれからも期待できるでしょう。

スポンサードリンク