眞子さまご婚約というニュースがながれ、お相手の小室圭さんの短い記者会見があり、海の王子のニックネームが良く似合う、爽やか青年と好感度抜群のようです。さて生年月日からみたら、どんな人?お母さん思いのようですが、関係は?お誕生日は、1991年10月5日です。

スポンサードリンク

小室圭さんを四柱推命から想像する誕生日の風景は?そして性格は?母さん思いのようですが、本当かな?その理由は?

小室圭:1991年10月5日命式。

2014年6月にICUを卒業した。現在は奥野総合法律事務所・外国法共同事業(東京・中央)に勤務、そのかたわら、一橋大大学院国際企業戦略研究科に通い、経営法務を専攻しているという、頭脳系。
出典:日本経済新聞

日 月 年
戊 丁 辛  空亡 寅卯
申 酉 未  九星 九紫火星

大運
09 19 29 39 49 
丁  丙  乙  甲  癸
酉  申  未  午  巳

戊申(つちのえさる)十二運が病の日生まれ、戊は山がイメージ。
戊申・病の日生まれには、木村拓哉・中村獅童・小室哲也・桜井 翔・羽鳥慎一さんがいます。

戊申(つちのえさる)日の性格と運勢 

鳴かぬなら泣くまで待とうホトトギス・山の中で眠る獅子

山から掘り起こされて、どんな商品に変わるかが人生を分ける。
粗金のまま、突出型の人は短気で喧嘩っ早いところがあります。

変化を恐れず、腰を低くして器用に立ち回れれば、地域社会に大きく貢献します。
蔭の力となって、人を見守る役目と自覚して終始、常識ある言動ができる人は老後安泰。

戊申の日生まれの男性の性格と運勢

小室圭:1991年10月5日の風景

戊の山の中に、辛・申・酉の金星が3個という大量の金属や貴金属が埋蔵されている、宝の山・金山がイメージ。

スポンサードリンク

戊土から、辛・申・酉の通変性は、食傷となり、自己アピールの星、目立つ自分を目指して生きるのが使命ですから、自分をいかに世間にアピールしていくか?他人よりどれだけ高い山となって仰ぎみられるかが課題。

1991年10月5日の風景は、山の中に埋もれている金属、金銀宝石を丁火で鍛錬して、世の中の役にたつ品物に加工している風景を想像します。

山の中は、大きな建物とも考えられ、自動車工場や造船所、飛行機や新幹線を造っている風景が想像されます。
とにかく、辛・申・酉と金属、貴金属の材料は大量にありますから、大きな乗り物となって、たくさんの人を乗せて世の中で活躍されることが、期待できます。

あとは、エンジン?であったり、操縦技術などをいかに高度なものに磨けるか?
丁火の印綬が辛・申・酉金星を鍛錬する形、大運に乙・甲の薪エネルギーがめぐっていますから、年齢を重ねるごとにグレードあっっぷしていくことでしょう。

小室圭さんと母親の関係

小室圭さんの誕生日、戊土から母親の星は、丁火・印綬。
丁火の印綬が母親を表しますが、小室圭さんの辛・申・酉の金属を溶かして有能な商品に変化させる作用を持ちます。

また、丁火から見た時に、戊土はかまどや暖炉、大きな建物・家などを想像しますから、丁火を雨風から守ってくれますから、丁火にとっては、頼りになる存在となります。

次は、眞子さまとの相性を見てみたいと思います。

スポンサードリンク