阿部寛の性格と運勢1964年6月22日壬寅生まれを四柱推命占い!

Pocket

阿部寛の性格と運勢1964年6月22日生まれ、壬寅(みずのえとら)の日、十二運は病を四柱推命占い!

スポンサードリンク

阿部 寛1964年6月22日の命式

日 月 年
   空亡 辰巳
  辰 九星 九紫火星

阿部 寛1964年6月22日の風景

壬寅(みずのえとら)の日、夏の川がイメージですが、壬水が1個しかなく、小さな川ですが、庚金の源水があり、水は清らかです。
午火の太陽が、辰土の小高い山から顔をのぞかせて、朝陽が昇ろうとしています。
川辺には、甲寅木が植えられていて、のどかな風景です。

阿部 寛1964年6月22日の五行

壬水が自分。
甲・寅木は食傷・自己アピール・表現力。
午火は財星・女性、お金、社交性
辰土は官星・自己抑制、安心、安全、安定
庚金は印星・知性、教養、才能

壬水1個を助ける星は、庚金1個のみ。

午火は寅午半会して強いので、水は蒸発して、エネルギーが弱くなっています。

壬水のエネルギーが強くなる秋から冬の季節が吉運。
吉星は、金水の庚・辛・壬・癸

阿部 寛1964年6月22日の大運

04 14 24 34 44 54 64
庚  辛  壬  癸  甲  乙  丙
  未  申  酉  戌  亥  子

大運24歳まで

1987年(23歳):丁壬干合
映画『はいからさんが通る』で俳優デビュー
1988年(24歳)戊辰

大運34歳まで癸酉

1989年(25歳)己
1990年(26歳)
1991年(27歳)
1992年(28歳)
1993年(29歳)
つかこうへい作・演出の舞台『熱海殺人事件 モンテカルロ・イルージョン』でバイセクシュアルの部長刑事役で主演。

スポンサードリンク

1994年(30歳)
『しのいだれ』(細野辰興監督作品)で、憧れだった役所広司と共演、
『凶銃ルガーP08』と2本併せて日本映画プロフェッショナル大賞・特別賞を受賞。

1995年(31歳)
NHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』で有能な老中松平乗邑役を演じたのを皮切りに、時代劇への出演も増える。
特に大河ドラマにはその後『元禄繚乱』(1999年)、『武蔵 MUSASHI』(2003年)、『義経』(2005年)、『天地人』(2009年)などで重要な役どころとして立て続けに出演。

大運44歳まで:甲戌

寅午戌三合火局

2000年(36歳)辰、
仲間由紀恵と共演ドラマ『TRICK』では、劇中で自身のモデル時代の写真を自虐ネタとして多用するなど、徹底して三枚目の役を演じた。
2005年(41歳)
映画『姑獲鳥の夏』がきっかけで京極夏彦の著作である『百器徒然袋――雨』のあとがきを担当。映画に出演しての感想を書いている。

2006年(42歳)
テレビドラマ『結婚できない男』での演技が、「2006年上半期がんばった大賞」で、FNSがんばった大賞を受賞。
2006年3月11日公開の映画『真救世主伝説 北斗の拳 〜ラオウ伝 殉愛の章〜』のケンシロウ役を担当した。

2007年(43歳)
映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』に出演。
同年大阪での舞台挨拶にて、「最近になり(バブル時代に作った数億円の)借金を返し終えた」と告白・約20年かけての完済であった[1]。

2012年(48歳)

映画『テルマエ・ロマエ』にて、『古代ローマ帝国の浴場設計技師』を演じきる。
第34回ヨコハマ映画祭 主演男優賞、第55回ブルーリボン賞 主演男優賞、第36回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞』を受賞。
寅午戌三合火局

阿部 寛1964年6月22日の結婚

九紫火星は東の震宮在箔
2007年(43歳)・11月20日、
丁壬干合・壬水は正財・妻星と干合また、寅亥支合する天地徳合の年。
15歳年下の元OL(当時28歳)の女性との結婚を発表。
5年ほど前に友人の食事会で出会い、1年前に阿部がメールをしたことから交際に発展。
結婚の理由については「僕にとってかわいい人・価値観が合って、年齢差を感じない」とのこと。

2008年(44歳)戊子・偏官2月に入籍。

2011年(辛卯・傷官)6月23日、47歳にして第1子(長女)が誕生[5]。
2012年(壬辰・比肩)11月1日、48歳に第2子(次女)が誕生[6]。

(参照:Wikipedia)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です