笑福亭鶴瓶を四柱推命占い!1951年12月23日の適職と運勢&性格

Pocket

笑福亭鶴瓶さんを四柱推命占い。誕生日は1951年12月23日、あの人懐こい笑顔でみんなを魅了してしまう笑福亭鶴瓶さん、驚異の「気配り力」と人たらしの極意を持っていたと、兄弟子だった横山信治さんが話していますが、生まれ持ってものか誕生日でわかるものでしょうか?適職や仕事運、参考になればと思います。

笑福亭鶴瓶1951年12月23日の命式

適職はなんでしょうか?と聞かれるお客様が多いものですから、有名な人と誕生日で適職がわかるか、調べてみようとおもいます。

年 辛卯乙 偏財・偏印 病

月 庚子癸 正財・偏官 絶

日 丁酉辛    偏財 長生

空亡 辰巳
九星 四緑木星

笑福亭鶴瓶1951年12月23日の風景

丁酉(ひのととり)の日生まれ。
丁は陰の火、たき火やろうそく、ネオンサインなどがイメージ。

辛・庚・酉金と金星が3個あり、大きな金属の材料を持っています。
丁火は金属の材料をみると、何か役に立つものに作り変えたいと思う、それが生きる目的となります。

子は12月を表し、寒い季節でもあり、水星でもありますから、雪が降って寒いです。

卯は陰の木、草花やツタと、丁火との組み合わせは、木の枝やわらなどの火が燃え続けるためのエネルギー源であり、両親でもあります。

12月の寒い季節に燃えるたき火、卯木の薪は小枝の端っこやワラですからすぐに燃え尽きてしまいやすく、目が離せません。
幼少期はお母さんに細やかな愛情をもらって育ったことでしょう。

暖かい季節になって、丁火が燃え続ける季節が来た時がチャンスになります。

笑福亭鶴瓶1951年12月23日の性格

丁火はたくさんの金属の材料を、何か役に立つものに作り変えたいと思い、それが生きる目的となります。
丁火から庚・辛は財星、大阪うまれの鶴瓶さんは、月支の偏官は営業マン?自分をいかに売り込むかを考えるひとだったのでは?

また、財政が多いですから社交的、人懐っこいのもうなづけます。
丁火ですから、ひとによってどんなふうに接するか、工夫したでしょうね、細かい気配り心配りができる人です。

また、酉・子・卯と四生がならんで、午がくれば、桃花殺、持って生まれた人人気運、人たらしの人だったようです。
あの笑顔と気配りで、出世が早くても、兄弟子からの嫉妬を受けることはなかったそうです。

笑福亭鶴瓶1951年12月23日の運勢

丁火が燃え続けるためには、甲・乙の薪エネルギーを手にいれること。

丁火にとって、甲乙は印星。
知性や教養、才能など、自分のプライドを満たす専門的なものですが、鶴瓶さんが縁を結んだのは落語の世界のお師匠さん、上司です。

大阪生まれで、五人兄弟の末っ子ということで物おじしない性格だったようで、アルバイトは京都の修学旅行旅館「みきはん」で、歌や話芸で誰が一番人気か競いあったととうお話もされていて、人の中で生きる、芸能界、人気商売をえらんだんですね。

笑福亭鶴瓶1951年12月23日の大運

05 15 25 35 45 55 65 75
庚  己  戊  丁  丙  乙  甲  癸
子  亥  戌  酉  申  未  午  巳

大運は、15歳まで冬。

冬運は親の運勢、環境による影響が強いです。
年支に卯木がありますから、親の細やかな愛情を受けて育ったと思います。

16歳から25歳まで戊戌。

戊戌はかまどやトンネルですから、丁火は守られて燃える環境。
安全ではあるけれど窮屈、自由ではなく自分らしさはだせません。

26歳から35歳まで丁酉

ここから、少しずつ、チャンスを捕まえて現在に至ります。
戊午の年かな?桃花殺のあたりから、チャンスを捕まえて、露出が多くなっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ディア・ドクター [ 笑福亭鶴瓶 ]
価格:3693円(税込、送料無料) (2018/2/15時点)

36歳~45歳丙申
46歳~55歳乙未
56歳~65歳甲午
吉運気が」続きます。

財星がいっぱいの誕生日、たくさんの人の中で輝く人となりました。

癸未の大運は、丁にとって、癸の雨は火が消えそうになります。
健康に注意が必要な時期になります。

健康に気をつけて、ますますのご活躍祈っております。

ウィキペディア鶴瓶さんhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%91%E7%A6%8F%E4%BA%AD%E9%B6%B4%E7%93%B6#cite_note-14

出典:鶴瓶さん驚異の「気配り力」
https://withnews.jp/article/f0150701002qq000000000000000G0010601qq000012183A?ref=kijiunder

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です