四柱推命占い 通変星 丙日干と丁 劫財との相性と象意

丙は太陽がイメージですが、丁は燃える火や月がイメージ。
明るくエネルギッシュで、情熱的、光り輝く太陽と、
燃えることで、文明の利器となる火。

スポンサードリンク

お互いの個性を尊重してうまくいく関係、
相性となります。
太陽と燃える火ではスケールが違い過ぎます。
上下関係がはっきりして、秩序正しく、
太陽の丙火と丁火では生き方や考え方が根本的に
違うことをわかってうまくいきます。

スポンサードリンク

丙が兄や姉で、丁の弟妹の面倒を見る関係。
逆に、丁が兄姉で、丙太陽の輝きに負けてしまうと、
兄姉は昼行燈となって、性格にひずみができそうです。

日干に巳午の根があって強く、身旺にも関わらず、
丁火の劫財があるときは、夏月で水不足になると、
自然発火して火事になるかも・・・の「凶作用」となります。

丙の太陽は、丁の身内・兄弟や友人の面倒をみる立場、
包容力が必要になります。

スポンサードリンク