四柱推命占い 通変星 丙と己 傷官との相性と象意

丙は太陽がイメージ。
己は大地、田畑がイメージとなります。

スポンサードリンク

地平線から太陽が昇って、明るい一日がはじまります。
己土は、柔らかい土。
お花や野菜を育てる土で、包容力があります。

土は、耕して、春に種を植えて、芽がでて、
夏に丁寧に手をかけて育て、秋に収穫できる。

23-2147489884

どんな植物も時間と手間・ひまをかけて、
収穫することができます。
長い時間と、忍耐努力が必要なんです。
機敏さに欠けますがゆっくりですが、忍耐強く努力して
計画的に物事を進めて成功します。

己土を丙の太陽は、明るく暖かい陽射しで温めます。

丙の太陽は、己の大地を温めて万物を育てる
栄養豊かな土壌にします。

戊土が温もる春や夏は、万物が育って
緑豊かな風景が広がります。
太陽が己土に愛情を注いで、育てる関係。

太陽のエネルギーのバランスの取り方によって
己土が豊かな土壌になります。

信用を大切に、忍耐と努力型の、
まじめで誠実な性格となります。

61-2159

夏の丙・太陽と己土

夏生まれの太陽は、熱すぎると、土は乾燥して砂や岩石となり、
諦めの早い、我慢ができない、疲れやすい人となり、
努力することができない、自分のことで精一杯なので
人の中に入っていけない、気がついたら、一人だった・・・
となります。

スポンサードリンク

熱い夏には、水が欲しい。
熱い火を受け止めて水を生むのは金星

丙火から、庚辛金は、官星。
官星は、自分のエネルギーを抑える、
また、自分を反省する、となります。

丙火から、庚辛の金星は通変星・財星、
自分から人の中に入っていって、人脈を広げ、
いろんな人と接することで、変化しましょう。

良くも悪くも、丙が主導権をにぎる、相性となります。
丙からみて、己は、通変星 傷官は、男性にとっては、
金運につながる能力・表現力、自分を世間に
認めてもらいたいという意識が強く働きます。

女性にとっては、子供を意味しますが、
男性同様に表現力、専門技術でもあります。

丙の太陽は、火生土、己の大地・土が
栄養豊かな土壌となって植物を育て、
世の中の役に立てる人間になるように、
見守る関係。

子供が元気にすくすくと成長するのを、
見守る母親ですから、一方的に丙の太陽は、
己の大地に、暖かい愛情を注ぐ、母親と子供の関係。

冬生まれの丙・太陽と己土

丙の太陽が己土に火のエネルギーを与える関係は、
夏の太陽は、元気ですが、冬の太陽は
己土は、冷えて場合によっては凍っていますから
温めても温めても、もっともっと温めて欲しいと
求められます。

丙火のお母さんが、暖かい陽射しを届けつづける、
笑顔で子供に愛情を注ぎ続けるために、
丙火のエネルギーを強く保つには、
甲乙の木星を手にいれましょう。

甲乙の木星は印星、知性と教養など、自分の内面磨き、
自信を持って行動できるように、自分が自慢できるものを
一つでも育てましょう。

スポンサードリンク