凶方位へ引越しした時の対策は家の中で吉方位に引越しすると良い?

Pocket

凶方位へ引越ししなければいけない時の対策として、 家の中で吉方位に動く方法があります。
凶方位へ引っ越した・・・と気になっている、お悩みの方へ、凶作用を少しづつですが、打ち消していける対策です。

スポンサードリンク

凶方位をいたずらに怖がらないこと

吉方位への引越しは、眠っている間に
良いエネルギーを身体に取り入れることができ、
心身ともに健康に生活できる、それによって
前向きな生き方ができ、成功への道が開かれる。

というのが基本と思います。
10s富士

凶方位へ、どうしても引越ししなければいけない、
知らずに、凶方位へ引越ししてしまったことに気がついた。

凶方位と考えると、何が起こるのかと、
心配して悩む人も多いようです。

凶方位へ引っ越したからといって、すべての人に
悪いことがおこりません。

運気が強く、ぜんぜん影響なく生活している
人のほうが多いと思っています。

わたしの引越し

1975年12月、西方位へ、年月同会の九紫暗剣で
引越ししています。
結婚のためでしたが、子供も二人授かって、
確かに、夫婦喧嘩もありいの、お金は貯まりませんでしたが、
大きなトラブルもなく、10年ほど住みました。

主人は、自分で仕事を始めました。
その時に、3年間は毎月の売上から2割を仕事を
教えてもらった人へ収めるという条件がつきました。

これって、結構な金額なので、大変でしたが無事終わりました。

次が、取引先から頼まれた人と、共同経営で会社を
立ち上げたのですが、この人が大変な人で、主人は
胃が痛いと、毎日愚痴って眠れないと言ってました。

この時、初めて占いをしてもらったのですが、その占い師は
主人と相手の相性は大吉なので、仕事は繁盛する。
私と主人は大凶なので、できるだけ離れて生活しなさい
とのことでした。

で、納得いかない私は、何で?と、四柱推命の勉強を始めたのです。

この、共同経営は、相手のお金のトラブルが発覚して
10年目に相手の人が辞めて、解消しました。

西のお金のトラブルでした。
国税局もきましたから、九紫暗剣・・・。
でも、帳簿は税理士事務所に相談してきちんとしていましたから、
主人には問題が起こることなく、済みました。

当時は、バブルと言われた時期でした。

2回目は、1990年6月、年盤四緑・月盤七赤金星で引越し。
月盤の七赤金星が最低4年間は、吉として働くみたい。

で、立ち退きの話が持ち上がりまして・・・。
周囲がみんな引っ越していきますし、
1993年、東の物件が気にいって
引っ越すことになりました。

それが、東に五黄殺が入っていたのです。
家を決めてから、先輩に五黄は方角が悪いと
教えられてびっくり、せめて・・・と
月盤が吉の時に引っ越しました。

この引越しから、10年間の間に
1996年二黒が東に在泊の年、ガンの手術。
主人は共同経営を解消しましたが、するまでが大変でしたし、
バブルがはじけて、仕事が暇になっていきました。

自分が五黄殺方位へ引越しした時期は
四柱推命での大運・10年運が弱い時期に
変わるのと重なっていました。
主人の大運も・・・です。

なので、一概に凶方位だけのせいではなく、
どこに住んでいても、運が弱い時期には、来るものはきたかも・・・。
と、考えています。

でも、仕事がない、ということは生活が苦しいわけで、
子供たちに教育費が掛かる時期でもあり、
眠れないことも、多々ありました。

この時期、祐気採りに救われました。

「多少の苦労があるのが人生だ」と
考えれば、何か問題が起こっても、凶方位へ
引っ越したせいかも・・・なんて考えないと思います。

スポンサードリンク

でも、神経質な性格の人は、気になったら忘れられない。

なので、

凶方位を打ち消す対策、教えます。

もちろん、私もやりました。

これは、本来は病気の人にする祐気採りの方法で、
家の中で、引越しをするのです。

yjimageふとん1

家や部屋の吉方位に50センチの距離でも、
寝る場所(心臓の位置)を動かすのです。

単身のマンションでは、部屋の中でしかできないので
ほんの50センチでも、吉方位の時にお布団や
ベットの位置を動かします。
または、頭の向きを逆に変えます。

大きな家で、部屋の移動ができるようであれば、
吉方位の部屋へ布団やベットを移動して、寝るのです。

これで、寝ている間に少しずつ、良いエネルギーを
採ることができるようになります。

方違えは、4ヶ月以上、別の土地で寝泊りしなければ
効果がないと思いますので、この方法が一番
実践しやすいかと、思います。

狭い空間の中での移居動身ですから、方位を正確に
出すことが素人では難しいかも・・・です。

自信のない方は、専門家に相談してくださいね。

家の中の移動に必要なもの

・住んでいる部屋や家のきちんとした見取り図を用意する。
 (賃貸マンションの人は、不動産屋さんでもらう)
 (持ち家の人は、登記簿謄本の中に設計図が入っている。)
 
・見取り図に北方位の印があるか、確認する。
・住んでいる地域の北方位が入った地図を用意する。

(とにかく、北方位がわからないと、方位がきちんとでません。)

奇門遁甲

これも、いろんな事情でできない、としたら、
凶方位を気にしない、のが一番ですが、
それでも、気になる・・・という方は、
「奇門遁甲」をつかうことをおススメします。

「奇門遁甲」は、中国の諸葛孔明が使ったことで有名です。
三国志の時代、戦争で大きな軍隊を動かす時に使われたもの。
日本の気学を作る元になったと言われています。

気学のように、個人ではなく団体で動くという考えで
特に、時間の吉方位を使います。
気学の堅苦しい吉方位の考え方より応用が効くと思います。

使い方は、会社が終わってから、同僚と飲み会
会社から、奇門遁甲の吉方位のお店で飲み会する。

気学の祐気採りは、自宅から出発しなければいけないが
奇門遁甲は、2時間単位の吉方位へ、今いる場所から
移動するすればいいので、気楽に使えるかと思います。

奇門遁甲、調べてみてください。

まとめ

何を信じるかは、あなた次第だと思います。
古今東西、いろんな占いや開運方法があります。
自分に合ったやり方を信じて実行すれば、いいと思っています。

信じたことをやり続ける、これって結構大変ですよね。
でも、成功している人は、やり続けているんです。
やり続けることができる
、根気が運を導くのだと思っています。

凶方位を気にしすぎて怖がる、その気持ちが凶災を
呼ぶことになりかねません。

何かが起こっても、人生いろいろあるわ。
なんでも経験やわ、たくましくなったもんやね^^
なんて、前向きに考えて生活できれば、いいのです。

くじけそうになった時は、一人で頑張らないで
周囲の人に
「助けて」
って、応援をお願いしましょう。

また、今いる場所から離れて、祐気採りや奇門遁甲の吉方位で
温泉につかったり、普段と違う風景をみたり、
美味しいものを食べたり、違う空間の人と話をすると
変化がおこる可能性が高いのです。

凶方位への引越し対策、
・引越し先の神社、氏神さまへご挨拶のお参りをする。
・部屋の中、家の中で、吉方位へ寝るところを変える。
・気学の祐気採りをする。
・気門遁甲で吉方位を使う。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ナナッシー より:

    私も凶方位移転してしまった後、原因不明の病になった後でこれはまずいと思って同じ発想で部屋内移動を続けて実行したところ少しづつですが効果がありました!いいアイデアだと思います。大難をかわすにはよいかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です