四柱推命 通変星 日干丁 癸 偏官の相性と象意

Pocket

四柱推命 通変星 日干丁 癸偏官の相性と象意

丁が燃える火なら、癸は雨水。
丁火が燃えているところに雨が降ってきたら、
火は消えてしまいます。

丁にとって、癸水は、とっても気を使う相手となります。

スポンサードリンク

丁日干の隣に癸水がある人は、良く気がついて
周囲に気を使う、気使いの人。
丁日干の隣、月干癸がある時は、まず、丙の太陽・通変星劫財の
兄弟や友人・知人の協力、支えが欲しい。

image大文字2

乙(偏印)や甲(印綬)の薪エネルギー、
細やかな暖かい両親の愛情が欲しい。

そして、戊の建物、通変星・食傷の表現力を養うこと
自由に自分の考えていることをしゃべったり
文章や絵でアピールできる環境があれば大丈夫。

スポンサードリンク

image大文字1

勉強する、知識を広げることが丁の自信につながります。
戊(傷官)の専門技術を身につける、自分の内面にあるものを
表現する、アピールすることが、暖炉や洞穴となって
癸の雨を防いでくれます。

巳・午月・夏生まれの丁火と言えども、癸の雨が降れば
消えてしまいます。

丁火と癸水の関係は、癸水の気持ち次第。
価値観が違うので、上手に距離をとりあって
お互いに尊重しあえると、うまくいくのですが・・。

yjimage大文字福知山城

丁火が癸水を好きになったら、相手に従うしか内容です。

お互いに理解できにくい相手のようです。
相手が積極的でなかったら、気持ちを切り替えて
次に行った方が、お互いのためかも・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です