隅田川花火大会の日程・会場総合案内地図・交通アクセスと穴場

Pocket

関東随一の伝統と格式を誇る花火大会

1733年(享保18年)の江戸中期に始まった
「両国川開き花火大会」を継承する、
伝統、格式共に関東随一の花火大会。

東京都の隅田川で打ち上げられ2つの会場に分かれています。

スポンサードリンク

第1会場では、大会の目玉でもある計200発の
花火コンクール玉を含む約9500発が打ち上げられ、
様々な芸術作品が堪能できます。

sumidahanabi_main隅田川

花火コンクールは、両国花火ゆかりの業者7社と、
国内の代表的な花火大会において、優秀な成績を
おさめた業者3社の、計10社で渾身の力作が競われます。

技術では世界最高峰を誇る日本の花火大会。
花火師たちの、腕を競い合うコンテストの花火は
とても美しく、感動ものです!


第2会場ではスターマインなど約1万500発を打ち上げ、
創作花火やスターマインなどが見どころとなっています。

そして、やっぱりオープニングの盛り上がりは最高です^^。
夕陽が完全に落ちきる前の時間帯は、トワイライトタイムといいう
景色が最も美しくみえるひと時となっています。

帰りは混雑するのがわかっていることと思います。
到着時に帰りの切符を買っておくのがベストでしょう。

隅田川花火 総合案内2

隅田川花火大会の日程・会場地図・交通アクセス

開催日時2015年7月25日(土)
19:05~20:30
荒天の場合小雨決行
雨天など実施の可否が確定できない天候の場合は
当日の午前10時に、荒天などの場合には
当日の午前8時に、それぞれ実施の可否を決定する。

(荒天時は2015年7/26(日)に延期)

開催場所
第一会場 桜橋下流 ~ 言問橋上流 (株)ホソヤエンタープライズ
時間  19:05~20:30

打ち上げ場所周辺を地図で確認

第二会場 駒形橋下流 ~ 厩橋上流 (株)丸玉屋小勝煙火店
時間 19:30~20:30
 打ち上げ場所周辺を地図で確認第

スポンサードリンク

打ち上げ数約2万発 (第一会場・第二会場合計)
昨年の人出約95万人(12年実績、第一会場・第二会場合計)

交通

第一会場へは、
・東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩10分
・東武スカイツリーライン 浅草駅 徒歩10分

二会場へは、
・都営地下鉄大江戸線・浅草線 蔵前駅 徒歩5分
・東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩8分 
・JR総武線 浅草橋駅 徒歩12分

駐車場 なし

有料席受付終了

問い合わせ先

03-5246-1447 
隅田川花火大会公式ホームページはこちらです。
http://sumidagawa-hanabi.com/

隅田川花火大会の穴場スポットは?

隅田川花火大会は100万人近い人が集まる花火大会です。

両国橋付近はもちろん、近辺は物凄い人ですが、
それでも綺麗に見える穴場スポットを
ご紹介してみます。

100948隅田川_1

  言問橋

とうきょうスカイツリー駅から少し歩いた先にある言問橋

第1会場の花火コンクールを真正面から見ることができます。
ただし、橋の上は立ち止まり禁止なので、歩きながらとなり、
ゆっくり見物とはいきません。

人が多いので混雑は覚悟で、花火コンクールを
間近で綺麗に見たい人向けだと思います。

隅田川花火 総合案内2

  蔵前橋

両方の会場の花火が綺麗に見える場所です。
順路規制があると思いますが、花火打ち上げ周辺に
比べたら、混み具合はらくなほうかな・・・と思います。

穴場スポットの狙い目は、第二会場周辺です。
スタートが第1会場の方が早く、19時05分、
第2会場19時30分なので、第1会場に
人が集中しやすいのです。

どちらも花火の打ち上げ数はそんなに変わらないので
第2会場周辺にはコンビにも多く、トイレの心配もすくなく、
できるだけ混雑を避けてゆっくり花火見物したい方は、
第二会場周辺に行く事をオススメします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です