金運で結婚相手を選ぶときの人相の見方

Pocket

人相に 金運があらわれているらしい、特徴を書いてみますね。

人相・手相・などでに金運が現れます。

生まれながらに福耳とか、小鼻がしっかりしているなど、
人相は変化しますが、結構参考になります^^。

お金持ちにありがちな、いわゆる”金運顔”と言われる人相があります。
生まれ持った顔によって、金運をそうぞうできるのです。

人相には「金運鼻」というのがあって、
鼻の下が長ければ長いほど経済的に安定するようです。

鼻の下にある溝の形が、下に行くほど広がっていると、
金回りが良く、鼻が大きい人は金運が良い。
小鼻が張っている人は、お金にシビアで貯金が好きです。

ちなみに、顔の正面から鼻の穴が見える、
「豚鼻」と言われる華は、お金の出入りが激しいみたい。
貯めることが苦手なタイプであったり、
小金が貯まると、何かの理由ができて、
使わなければいけないようです。

スポンサードリンク

私、このタイプです(涙)

金運は耳にもあらわれます。

「金運耳」の特徴は、耳が分厚く、長いほど金運に恵まれます。
顔の正面から耳を見た時、顔にはりついて正面から耳が、
よく見えない人は金運を外に逃がしません。

耳の下端が鼻の下の位置よりも下に出ていると
お金が貯まるし、耳たぶが大きい、いわゆる
「福耳」ほどお金に縁がある、と言われます。

耳の穴の入り口、耳たぶの上にある溝が
(「風門」といいます)広く大きいほど
沢山のお金を手に入れることができるそうです。

 
「金運鼻」の特徴ですが、

鼻の下が長ければ長いほど経済的に恵まれます。

鼻の下にある溝の形が、下に行くほど広がっている人は金回りが良い。

鼻が大きい人は金運が良く。小鼻が張っている人は、お金にシビアで貯めます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です