昭和35年12月13日乙亥 死を四柱推命と手相でみる性格と運性  

Pocket

昭和35年12月13日 

乙亥(きのと いのしし)
十二運・死の日生まれ。
12月、亥・子・子と強烈な水星3個が
庚金でさらに凍てつき、寒い季節なので、
根雪に埋もれる戊土に植えられた乙木、
お花がイメージになります。

スポンサードリンク

日  月  年
  戊  
亥  子  子

08 18 28 38 48 58 68
戊  己  庚  辛  壬  癸  
  丑  寅  卯  辰  巳  午 

FullSizeRender1965おとこ

乙亥(きのと いのしし)の日生まれ。
12月、亥・子・子と強烈な水星3個が
庚金でさらに凍てつき、雪が降って
凍り、根雪の中に埋もれる戊土に
植えられた乙木は、じっと春を
待つしかありません。

辛抱強い性格のようです。

丙火の太陽を手に入れたい。

生れた時間にもよりますが18歳まで
大運は戊子・己丑と冬なので、
父母の運や環境が大きく左右します。

厳しい生活環境だったか、厳しく
躾を受けて育ったようです。

乙のお花に、暖かい温室という環境が
用意されたかどうか?
によって、性格に大きく影響します。

18歳までの己丑運に忍耐力を養う
環境だったかも・・・。
冬のお花は、与えられた環境で、
忍耐強く春を待つしかない。

昭和35年12月13日生まれの性格

頭は良く冷静なおとなしい雰囲気。
優柔不断で決断力は弱く、周囲に気配り、
細かいところに気が着いて親切、
人に良く思われたい、
嫌われたくない意識が強いタイプ。

スポンサードリンク

月干・財星は人と関わる仕事、
子水の印星は資格や専門性の高い職業。

昭和35年12月13日生まれの運性

19歳から、28歳までは庚寅運・
38歳まで辛卯と春の季節に
なり、発展運になりました。

7000994_3462ひめゆり_1

手相は33歳のあたりに強烈な障害線がありました。
国家試験に挑戦してもなかなか受からなくて
歯を食いしばって頑張った時期だったそうです。

生命線の35歳のところから、運命線が上昇して
自分の努力で開運するしるしが出ています。

FullSizeRender手相

この時期に国家試験を受かったそうです。

そして、丙の太陽が強烈な専務さんに
出会って、協力してもらうことになり
会社をたちあげ、成功されたようです。

中指に向かって運命線が伸びて、薬指の下に
太陽線がしっかりと刻まれています。

感情線が、2本あって、ポーカーフェイス。
本当の自分を出すことはあまりないそうです。

旅行線が刻まれて、広範囲に活躍され、
行動範囲が広い人です。

今日も大阪に出張で仕事が終わったので、
京都の先斗町(ぽんとちょう)で食事を
してから、最終の新幹線で帰るのだそうで、
目についた手相の看板に引かれて、
立ち寄っていただきました^^。

大運は、まだまだ、晩春から夏の季節が
続きますから、ますます、忙しそうです。

戊の財と大運の癸が干合しています。

家庭や奥様とのコミュニケーションは、
大丈夫でしょうか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です