戌亥(いぬい)空亡(くうぼ)の人の家庭環境の特徴と運勢

Pocket

戌亥空亡の人の特徴

戌亥の場所は、家系・先祖・両親・心の支えを表す場所になり、戌亥空亡の人は家系や心の支えが欠けている状態。

スポンサードリンク

先祖の恩恵を受けることができないとか、受けてはいけない運を持っているようです。

先祖の恩恵を期待しないことがかえって、”気”が活性することになって、自分を活かせることができて運を開いていくことになります。
自分の代から新しい家系を作るという、家系のはみ出しもの的な運となります。

家柄とか祖先からの恩恵が無いのですから、生家のカラーに馴染まないなどの性質を持って生まれています。

スポンサードリンク

その結果、一族の中では変り種と見られ、家系の恩恵に頼らずに、自分で新しい家系を作り上げる運なのです。

家系からはみ出していきなければいけない運を持つ戌亥空亡の人は、親との縁が薄い傾向が強く、早くから家を飛び出して自分なりの世界を作るのに、他人の力を借りる、貸してもらうほうが運が開けます。

もともと家運が、親の代で没落するなど、兄弟も離れ離れの状態になったり、他家に養子に出されたり、あるいは片親を亡くすなどの環境になる傾向があって、必然的に精神の世界に興味を持つことになる、つまり現実的な世界が欠落しやすく、精神性の向上に務めることになります。

女性の場合は、結婚しないで嫁にいかずに家にいると、その家の権力者になる傾向があります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です