子丑(ねうし)空亡(くうぼ)の人の生き方と運勢の特徴

Pocket

子丑空亡の人の生の歩み方

子丑の場所は、北方位で、父親や上司・目上の人を表す場所になり、子丑が空亡する人は父親や上司の支えが欠けている状態となり、恩恵を受けにくい環境になりやすかったり、暗示があります。。

スポンサードリンク

子丑空亡の人の特徴

子丑空亡の人は特に父親との縁が薄い傾向が強く、親からの恩恵を受けにくい環境になりやすいので、自分で新しい家系を作ることによって道が開ける運を持っています。

親の財産を受け継ぐと、それがかえって足を引っ張り運を切り開くのに邪魔になる暗示もありますので、若いうちから早く家を出て、自立独立しようという心構えが大切です。

上司運や目上運がないということは、若いうちは引き立てや援助運が弱いので下積みの苦労で大変な経験をするでしょうが、年齢を重ねるごとに、特に中年期以降に、本領発揮となるでしょう

父親や目上からの恩恵を受けにくい運を持つ子丑空亡の人が、父親や目上に従い恩恵を受けて生活することは、自分の持つ力を発揮できないため精神的な苦痛を強気感じることになり不満がつのりますし、運を切り開くことができず、それは与えられた運命の流れに逆らうことになります。

スポンサードリンク

子丑空亡の運を持つ人は、ブレーキを踏みながら慎重にという守りの体制よりも、積極的に自分の人生に挑戦して自分の力を十分に発揮できるか、アクセルの踏み方が重要になります。

子丑空亡の人の人生の歩み方

子丑空亡は初代運になりますから、極力、父親や目上の人からの恩恵を期待せず、自分の力で忍耐と努力で人生を乗り切ることが賢明であり、納得する人生となります。

親との縁が薄い傾向が強いので、親と同居したり、後継者となるなど親と縁が強い環境では、精神的な苦痛を味わうことになり、自分が持っている力を充分に発揮することができず、運気上昇の足を引っ張られることになります。

子丑空亡の人が自力で運を切り開く環境は、現実的な面や経済的には苦しい環境を乗り越えなければいけませんが、精神的な面は楽になります。

そして社会に出て束縛のない自由な環境で、苦労しながらいろんな経験を積んで努力を積み重ねることによって、子丑空亡の人の運が花開く、その結果として財力、名誉などを得やすい運となっています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です