松島尚美さんの誕生日は辛酉(かのととり)の日うまれで亥水の寒い季節、金水傷官と言われる命式です。
1971年12月2日(二黒土星)

スポンサードリンク

日 月 年
 己   空亡 子丑
 亥 亥  2-2 乾

12 22  32 42 52 62
庚 辛  壬 癸 甲 乙
 丑  寅 卯 辰 

松島尚美さん、辛酉(かのととり)の日生まれの性格

辛の金星3個と、自分の星がしっかりしていて、亥水星2個の食傷星と己土星の印星が1個の組み合わせ。

冬の冷たいきれいに澄んだ川く水の中に沈んでいる、宝石やゴールドがイメージ。
または、冬の海の上に浮かぶ大きな船や、雪道を走る乗り物となります。

yjimageEP9CHBJ0

金水傷官とは、非常に頭の回転が早く、神経質でデリケート、感がいいので切れ味鋭く、一瞬で相手の本質を見抜く才能を持っていると言われます。
幼い頃に両親が離別し母子家庭で育つ。
金星が強く、甲・乙の財星を剋す傾向が強いので父親との縁が薄いとか、親を頼れないなど、自立独立が早い誕生日です。

松島尚美さんは、歯に衣着せぬ発言が人気の一因となっているようですが、かなりの天然ボケなところもあるとのことです。
丙の暖かい星がないのと、己の土が隣にあるので宝石は原石のままで少し泥が落ちていないので、切れ味鋭いが少し鈍くなっているかも・・・。

金水傷官、冷たい雰囲気の美男美女が多いと言われますが、松島尚美さんの場合、月干の己があるので、辛金の鋭さが隠されて少し柔らかい雰囲気になっているのかもしれません。

金水傷官の仕事・適職

誕生日・命式は、金星と水星の冷たい星ばかりなので、暖かい丙火の太陽が嬉しいとなり、金水傷官正官拒まず、となります。
辛から水星は、通変性は食傷となり、表現力、自分の持っている才能や知性・教養を吐き出す、世間にアピールする。

スポンサードリンク

丙は文化、芸術・芸能を表し、芸能界は丙の太陽は適職。
丙は、辛からみて、通変星は正官。
官星は自己抑制の星だとか、自分を剋すので嫌な星となるのですが、辛と丙の関係は特別で、特に寒い季節の辛にとっては、ダイヤモンドなら、スポットライトとなって、ショーウインドーに飾られた宝石を引き立ててくれるし、船と見た時は、太陽となって、穏やかなお天気となって、航海を助けてくれる存在となるのです。

丙火の官星は、安定の意味がありますから、大きな組織・プロダクションにいて守られて、いい仕事ができます。

かつては芸能事務所・松竹芸能に所属していたが2007年9月末に独立、個人事務所「ステッカー」に移籍した。オセロとしての仕事は松竹芸能を通じて行う。個人事務所「ステッカー」は元松竹芸能東京支社長であった難波規精が代表取締役兼松嶋のマネージャーを務めており、松竹芸能の親会社である松竹がマネジメントの協力を担当している[2][3]。現在「ステッカー」は笑福亭鶴瓶が所属する「デンナーシステムズ」の関連企業であり、松嶋と鶴瓶は事実上現在も同じ系列の事務所に所属していることになる。
(ウィキペディアより)
yjimageびあんか
 

大運の運勢

大運は22歳まで冬ですから、自分の思い通りにはならず、親の運に準じる形になります。

23歳から春の運で、冷たく凍った水がすこしずつ温んで川が流れ出し、宝石は磨かれていきます。

☆ 1993年・癸酉 食神 建禄 七赤中宮の年(4月29日)、二黒土星離宮在泊の時に中島知子と、「オセロ」を結成してお笑いに転向。

☆ 1995年・乙亥・偏財・坤在泊・盛初(23歳)にオセロとして『第16回・ABCお笑い新人グランプリ』新人賞を受賞。

✩ 2008年・戊子・印綬・二黒土星は乾在泊で結婚。
  乾の場所は、王様・主人など男性の場所ですから、結婚しても夫に頼ることはできません。
  自分が主導権を握ってうまくいく、となります。
大運は、甲寅・乙卯・戊辰・己巳と上下が同じ干支が巡り、春から夏の季節をめぐる運で、強い運勢を持っています。

結婚や夫の星は、木星や火星となります。
大運に、木星や火星が巡っています。
仕事と、家庭の両立をうまくこなして、ますますのご活躍をお祈りします。

スポンサードリンク