九星気学で占う今日の運勢 2015年年9月18日六白金星中宮の日

Pocket

九星気学に日盤鑑定という占い方があります。
九星の星が巡るバイオリズムと、隣の星の影響を考えながその日の相談事や悩みの解決にむけて判断していく方法です。
2015年9月18日に起こっている悩みの答えを簡潔に書いてみました。この占いの作用は、一ヶ月続くと考えます。

スポンサードリンク

2015年9月18日は、丁酉(ひのととり)の六白金星が中宮の日です。
酉(とり)西の反対側の東に日破がつきます。
本名殺や本命的殺は使いません。

六白中宮

東(ひがし)に四緑木星 日破
西(にし) に八白土星
南(みなみ)に一白水星
北(きた) に二黒土星
乾(いぬい)に七赤金星 暗剣殺
巽(たつみ)に五黄土星
坤(ひつじさる)に三碧木星
艮(うしとら) に九紫火星
の在泊となっています。

一白水星の人

南の離宮に在泊は、白黒はっきりさせたいという気持ちが強くはたらきます。
でも、隣の宮に五黄殺が在泊していますから、信用や評判がもう一つということでしょうか?
うまくいかない傾向です。自分から積極的に動く時ではありません。

二黒土星の人

北の坎宮(かんきゅう)に在泊して、バイオリズムは、一番エネルギーが弱い日なので、自分ではなにもできません。
それに、隣の乾宮には、七赤金星に暗剣がついていて環境が整っていません。
体調管理に努めて、時期を待ちましょう。

スポンサードリンク

三碧木星の人

南西の坤宮に在泊して、地役精神・最近の言葉では、ボランティア精神につとめましょう。
まず、他人のために尽くしてこそ、お返しが返ってくるのです。
チャンスはもうじきです、根気と努力で種まきしましょう。

四緑木星の人

東の震宮に在泊して、前向きに頑張ってとお思いのようですが、自分自身に日破がついて、隣の巽宮には五黄。
まだまだ未熟で力不足、掛け声ばかりで中身はどうでしょうか?
評判や信用が伴っていないようです。仕切り直し。

五黄土星の人

南東の巽(たつみ)に在泊して、本来は整う、結果良好となるはずが、東・震宮の四緑木星に日破がついて、気持ちばかりがあせって前に進めない事が起こっているようです。口先ばかりではなかったか、振り返ってみるひつようがありそうです。

六白金星の人

中宮(ちゅうぐう)に在泊したときは、思い通りにならない、それでも自分ではどうにもできない事に、イライラしているようです。
でも、今、起きていることは、あなたの意見は通りそうにないので、相手の出方を待つしかありません。
自分のやらなければいけないことに、集中してください。

七赤金星の人

北西の乾宮に在泊ですが、自分に暗剣殺がついていますから、自信過剰で行動して、上司や頼れる人たちとトラブルことになります。
あなたの考え方に問題がありそうです。
謙虚にいきましょう。

八白土星の人

西の兌宮に在泊して、隣の乾宮に七赤金星・暗剣殺がついています。
うっかりミスが多かったりして、気を抜きすぎていませんか?
上司は、表面的にはにこやかですが、内面穏やかではないかもですよ・・・。
気を引き締めましょう。

九紫火星の人

北東・おめ艮(うしとら)に在泊して、変化を求めたり、求められるようです。
エネルギーは、衰変、そして、発展の東・震宮が隣で四緑木星に日破持ちですから、発展は無いとなり、自分から変化を求める時期ではありません。
周囲から、変化をもとめられたら、素直に応じましょう、やりこなせればチャンスになります。

以上、参考にしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です