九星気学で占う今日の運勢 2015年9月21日の三碧木星中宮の日盤鑑 

Pocket

九星気学で占う今日の運勢 2015年9月21日の三碧木星中宮の日盤鑑定 

九星気学に日盤鑑定という占い方があります。
九星の星が巡るバイオリズムと、隣の星の影響を考えながその日の相談事や悩みの解決にむけて判断していく方法です。
四柱推命は人生の大きな羅針盤として使いますが、九星気学の日盤は、一週間から一ヶ月以内の状況を想像するのに使います。

スポンサードリンク

2015年9月21日は、庚子(かのえね)の三碧木星が中宮の日です。
子(ねずみ)北の反対側の南に日破がつきます。
五黄殺は西・暗剣殺は東です。
五黄土星の人と五黄殺は別物ですから、切り離して考えます。
本命殺や本命的殺は使いません。
三碧中宮

東(ひがし)に一白水星 暗剣殺
西(にし) に五黄土星
南(みなみ)に七赤金星 日破
北(きた) に八白土星
乾(いぬい)に四緑木星 
巽(たつみ)に二黒土星 
坤(ひつじさる)に九紫火星
艮(うしとら) に六白金星

の在泊となっています。

一白水星の人

東の震宮に在泊した時は、即断即決、迷うことなく進め!となるのですが、自分自身に暗剣殺がついています。
あせって急ぎすぎて、中身が薄い仕事や人間関係だったり、大風呂敷を広げて、口ではでっかい夢を語りながら、実際の行動が伴っていないなど、自分自身に問題がありそうです。
中身が薄いと、他人の噂に負けてしまうし、振り回されたり、騙されて痛い目にあったり、足元をすくわれることになります。
良い評判をいただいて、信用される自分を作り上げる自分にかわらなければいけないようです、
大きな夢に向かって、急がず、慌てず、必要な知識や技術を身につけて自分を磨いてください。

二黒土星の人

南東の巽(たつみ)に在泊する時は、本来は努力が報われて評価される、信用を得て、結果良好となるはずなのですが、問題が起きているとすれば、東の一白水星暗剣殺と隣り合わせ、南に七赤金星日破です。
大風呂敷を広げて、勇み足とか、プライドがじゃま・・・・とか、
周囲の環境が見方してくれません。信用や評判を落とさないようにいかに守りきるか・・・・。
まだ、間に合います。自分の行動を見直して、反省して、訂正しさなければいけないところを見つけて、やり直しましょう。

三碧木星の人

中宮(ちゅうぐう)に在泊した時は、物事が自分の思い通りに運ばず、それでも自分ではどうにもできない事に、イライラして気持ちが落ち着きません。
でも、今、起きていることは、あなたが答えをだすことではありません、相手次第の問題なのです。
時間をかけて、相手の出方を待つしかないでしょう。
自分のやらなければいけないことだけに、集中して、しばらく忘れる努力が必要です。
自分の心がどうしたら安定し、落ち着いた生活ができるのか、そこに努めましょう。
経済力なのか、精神面なのか?

スポンサードリンク

忘れる努力のしかた

四緑木星の人

北西の乾宮に在泊した時は、上司の引き立てを受けて仕事がスムーズに進む時ですが、ここで問題が起こっているとすれば、西の五黄土星と隣り合わせですから、北西の自信過剰に気をつけて・・・もですが、西は遊びの方角、水は低きに流れるじゃないけれど、楽な方へいこうとやることがルーズになっていませんか?上司や目上の人に相談して謙虚に行動する時です。

女性は、自分が主導権を握ってがんばらなければいけない関係のようです。経済力がないとしんどいですよ。

五黄土星の人

西の兌宮に在泊する時は、収穫が終わって、お祭り気分の場所ですから、遊びたい気持ちが強くなります。
早く仕事を終えて、ネオンの街へ・・・って、落ち着いて物事に対処できる気分ではありません。
たまには、息抜きも大切ですが、お財布のヒモを緩めすぎるとあとで、後悔します。
できれば、自宅で持ち寄りパーティーにするなど、工夫しましょう。
西での出会いは、相手が真剣かどうか、見極める必要があります、結婚に値する人かわかるまで、軽はずみな行動はやめましょう。

六白金星の人

北東・艮(うしとら)に在泊する時は、変化を求めたり、求められることになります。
エネルギーは、衰変ですから、自分から変化を求める時期ではありませんし、東の一白水星暗剣殺と隣り合わせは、考えが浅はかな傾向。
もっと真剣に、深く長い将来を考えて、計画をたてて行動しましょう。
周囲から、変化をもとめられたら、素直に応じましょう、やりこなせれば大きな評価がもらえて、チャンスにつながります。

七赤金星の人

南の離宮に在泊する時は、今までやってきたことに吉凶の評価がくだされるという、白黒はっきりする時のようです。
七赤金星に日破が付いている時に問題が起こっているのは、残念ですが、自分自身にそれだけの実力や魅力が無いと自覚したほうがよさそうです。
離合集散の場所でもあります。去る者は追わず、来るものは・・・誰が本当に大切な人なのか、もう一度自分の心の中を見つめ直してみましょう。
自分の棚卸しをして、心機一転、もう一度、自分を磨き直しましょう

八白土星

北の坎宮(かんきゅう)に在泊する時、バイオリズムは、一番エネルギーが落ちている時期なので、休憩が必要な時なのです。
トラブルが起こって抵抗しても、相手に太刀打ちできず、振り回されてしまいます。
気持ちを落ち着けて、力を抜いて、身を委ねる方法が一番です。
家族関係など身近な人との足元を固める時、体調管理に努めて、時期をまちましょう。

九紫火星の人

南西の坤宮に在泊する時は、地役精神・他人のために尽くすなど、種を蒔く未来にむけて、土台を作る時期です。
南の七赤金星と隣り合わせです。プライドを引っ込めて忍耐努力の時のようです。
この時期は、遅遅として進む、ですから、ぐずつついてなかなか進展しません。
他人のために尽くして感謝される自分に、お返しが返ってくるのです。
時間はかかりますが、チャンスはもうじきです、忍耐と努力があれば大丈夫、自分を信じて頑張りましょう。

以上、参考にしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です