2016年の運勢を四柱推命占い 日干が丙の人の仕事運と恋愛運と金運

Pocket

2016年の運勢を四柱推命占い 日干が丙の人の仕事運と恋愛運と金運

丙(ひのえ)の日干から、丙火の通変星は、比肩となります。
比肩は、自分が考えてきたこと、計画してきたことを実現させるために行動を起こす、発散させる時期となります。
自分の目標や目的をはっきりと打ち出して、自分のペースで物事を進めたい、アピールの年、発散のエネルギーが強く働きます。

スポンサードリンク

丙火の日生まれの人の2016年・丙申年の仕事運

丙火は太陽がイメージ。
申(さる)は、初秋の季節になりますが、丙の太陽が輝いて残暑がだいぶ厳しいお天気です。

yjimag田園e
通変星が比肩・劫財の時期は、種を撒く時期、どんな種を撒いて育てるのか決めましたか?

比肩・劫財で蒔いた種が、食傷で芽を出して、財星でていねいに育てて、官星で収穫する、となります。
印星では、官星で収穫した結果を踏まえて、反省したり、次の発散、種まきの比肩・劫財にむけて、新しい知識や技術を身につける、勉強して自分を磨いてより大きな収穫ができるように準備する。

通変星での10年は、こんなサイクル、と考えます。

比肩がめぐる時は、 自分のリズムやペースで物事を進めたいと自己主張が強くなります。
自分の考えを強く押し通す傾向が出やすく、対人関係は注意が必要です。

自分の思うよう動ける環境なら、生き生きと仕事ができますが、命令されて動く環境の人にとっては、頭を抑えられ窮屈な思いに、不平不満が募り、自立独立や転職を考えがちです。

印星でしっかり計画をして、資金の準備も出来ているなら、自立独立も悪くないのですが、思いつきでの行動は、短気は損気となります。
今からでも、自分が将来どうなりたいのか、しっかりと設計図を描いて計画を練りましょう。

イチロー・石川遼・加奈子の卒業文集

比肩がめぐる時期には、自分のリズムやペースで物事を進めたい、 自分に自信が出てきて何事に対しても強気になり、 いつも以上に自己主張が強くなり、自立・独立を考えます。
比肩が巡った時は、自分の夢の実現に向かって新しい旅立ちですから、やりたい仕事に、真摯に向き合って、迷うことなく行動すれば、叶うと考えられる、仕事運は前向きな吉運と考えます。

会社に勤めていて独立したいと考えていた人は、実行したいと考える時期ですし、すでに会社を経営している人は、新しい事業に挑戦したいと考える時期でもあります。

スポンサードリンク

仕事を成功させるには、ある程度自分の意思を強く持って行動することが必要ですが、比肩の巡った時は、思い切り挑戦してみるのも悪くないのですが、 大きな夢へ挑戦をするなら、現実を受け止める、周りの人の客観的な意見を聞く冷静さも持ってください。

特に、丙は太陽がイメージですが、太陽が二つ並ぶ事象は、自然界では考えられませんが、熱すぎるこの現象は、思い込みが激しく、視野が狭くなっていないか?何事にも自信があるのはいいのですが、自己主張が強くなりすぎて、なりふり構わないなど、自信過剰で無理がないかを確認しながら、慎重に行動して吉です。

丙の日生まれの人の2016年・丙申年の恋愛・結婚運

丙火の日生まれの男性の恋愛・結婚
片思いの人へ、積極的にアタックしましょう。
優柔不断で結婚を先延ばししてきた人は、決断する時のようです。
ただ、仕事が忙しくなって、仕事を優先させやすいので、包容力のある女性、相手の理解がないと喧嘩になりそうです。

丙火の日生まれの女性の恋愛・結婚運
比肩が巡った時の恋愛は、自分の思うように相手を動かしたい、自己本位になりそうです。
男性のプライドを傷つけないように、女性らしさ、優しい雰囲気をつくるように心がけが必要です。
自分のやりたいことを優先させますから、恋愛や、結婚への気持ちは少し、希薄かもしれません。

お付き合いしている相手がいる女性は、結婚するか別れるか、白黒はっきりさせたい年のようです。
相手が結婚する意思がないようなら、新しい人を見つけるほうへ、切り替えたほうがいいかも・・・。

丙火の日生まれの人の2016年・丙申年の金運

丙火から、金運を表す通変星は、庚(かのえ)辛(かのと)の金星と、金星を生む戊・己の土星です。
丙火は、戊・己の土を温めて甲・乙の木星を育て、庚辛の金星で収穫します。
命式の戊・己土が、程よい暖かさで温められて、また、水星があって、適度な湿り気があるかどうかですが、2016年・丙申は、季節は初秋になって涼しくなり、土に湿り気も戻ると期待され、金運はまずまず、努力が実ると期待できるようです。

丙火の日生まれの人の2016年・丙申年の健康運

丙の太陽が輝いて、健康で仕事や、趣味など、自分が興味あることにな中して忙しく、楽しい年回りと考えますので、病気している暇はなさそうです。

ただ、50歳以上で、壬寅(みずのえ・とら)の日や、庚寅(かのえ・とら)の日、辛巳(かのとみ)の日生まれや、寅月(2月生まれ)や巳月(11月)生まれの人は、変化が起きるなどと考えますので、健康診断をしたほうが安心かもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です