金運を手にいれる方法

Pocket

金運を手にいれる方法

九星気学には、「金運の方位」を使うという方法があります。

サラリーマンの方は、給料が決まっているので実感しにくいと思いますが、自営業や商売をやっている方なら、その効果はわかりやすく、
売り上げが上がったり、出費を減らせたりして、それなりに金運に恵まれることを実感できるというものです。

金運に効果がある方位は、西か東北となります。

西か東北が吉方位になったときに、旅行にでかけるのです。

吉方位に行って水を汲んできて、毎日飲む・・・・・それだけです。

西なら、流通するお金、使うおかねには困りません。

東北なら、お金を貯めようという意識が働いて、お金が溜まりだします。

お金は「天下回りもの」と言いますが、お金には、法則(意思)があり、決まった方向へと流れます。
その方向とは、人の意識、関心があるものや人が興味を持ったところへとお金は動くのです。
例えば、新製品や限定品・掘り出し物に、特注品、などのめずらしいものや、貴重なもの。

また、人気商品になれば
「それがほしい」
と、どっと人が群がって、お金が集る、それが商売の原則です。

スポンサードリンク

ですから、お金がほしかったら、自分が魅力的になって、人気者になるか、関心を集める何かを持てばいい・・。
何かを作る、教える、提供する、何でもいいのです。
あなたに世間の目を向けさせることができる何かを身につけることができれば、そこにお金の流れが生まれます。

吉方位に出かけると、特別に意識することなく、考え方が変わり、行動が変わり、結果が現れます。
金運の方位へ小旅行するだけ、あとは、普段と変わりない生活をしているだけなのに、不思議ですが、お金が集まりだします。

お金は、人とのご縁の中から生まれます。
西は社交性の場所で、人脈、コミュニティーなどの広がりが自然に意識されるようになり、人間関係を良くしていくことができるようになります。

人とのコミュニケーションのとり方が上手になると、好かれる人になり、ふつうに振舞っているつもりなのに、人があつまり、お金も集まってきます。

金運が星かったら、まずは人間関係がうまくいくように、自分自身がかわること。

もちろん、金運は人間関係だけではありませんが、基本は、お金を持って使うのは人間ですから。
基地方位を使って、ちょっと環境を変化させ、その刺激で、あなたの中の眠っている意識を、呼び起こして動かしませんか?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です