健康保険からもらえる、あまり知られていない子供にかかるお金や埋葬料

Pocket

健康保険から、もらえる、あまり知られていない子供にかかるお金や埋葬料

子供や孫の誕生、進学などに関連したお金を取り戻す制度。

特に自治体によって詳細は異なるが、「子育てファミリー世帯居住支援」は、知っておきたい制度。
子育て世帯が市区町村に転入し、民間の賃貸住宅に入居する場合に、引っ越し費用や家賃の一部が補助されるも制度があります。

たとえば、東京・新宿区の場合。
1・義務教育終了前の子供がいる世帯を対象に、引っ越し費用最大20万円までが補助される。
2・以前に住んでいた賃貸住宅の家賃よりも、区内の新居の家賃が高い場合、その差額分(最大2・5万円)が補助されます。
3・礼金や仲介手数料の合計が、36万円までのお金がもらえる制度もあります。

家族への埋葬料や知人・親戚にも埋葬費が支払われる制度

国保や健康保険組合などの健康保険の被保険者(加入者)が死亡した際に、申請すれば葬儀を行った家族が受け取れる「埋葬料」と、被保険者の家族が亡くなったときに受け取れる「家族埋葬料」。金額は各5万円。
さらに、親戚や知人が葬儀を行った際には、「埋葬費」として葬儀代、火葬代などの実費に対し、最大5万円までが支払われる。

扶養家族を増やす「裏技」

息子や娘がリストラされた際に受けられる控除が、所得税・住民税の扶養控除。

子供が成人して就職し、一度は扶養から外れたものの、低収入・無収入になった場合は、再び親の扶養家族となり、所得税・住民税をあわせて10万円程度の還付が受けられることもある。

スポンサードリンク

扶養家族の仕組みは、6親等以内の血族、3親等以内の姻族まで対象にできるので、ひとり暮らしで収入の少ない親類縁者がいれば、同じ様に控除の申請ができる。

この制度を知っている人は、「裏技」として、所得の少ない親類縁者を扶養家族に入れているケースも多いそうです。
自分で申請することで得する制度を調べて、申請しましょう。

年金についての、助成金

『専業主婦で儲ける!』などの著書がある、社会保険労務士の井戸美枝氏が勧めたいというのが、「確定拠出年金」の活用。

確定拠出年金とは、掛け金だけを払って運用は年金基金などに任せる従来型の年金とは異なり、自分で「この投資商品にいくら」などと、掛け金の運用方法を指示するタイプの年金。

運用の成否は自己責任となり、多少のリスクはあるが、井戸氏は55歳からの5年間だけでもよいので、挑戦してみてはと話す。

ポイントは、確定拠出年金の掛け金が、全額、所得控除の対象になること。
確定拠出年金は従来の年金と違って運用を間違えると年金額が減るというリスクがありますが、その分、税制上の優遇も大きいのが魅力。

とにかく、所得税が控除され、安くなることに意味があります。
国民健康保険料や、その他の『申請すればもらえるお金』の制度は、所得税・住民税の金額に応じて金額が決められているものが多く、所得税・住民税をなるべく減らす、少なくしておくことが、さまざまな優遇制度を、より利用しやすくなる可能性が高くなります。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です