四柱推命占い 甲日干と丙 (食神)の関係、相性

Pocket

四柱推命占い 甲日干と丙 (食神)の関係、相性

甲木は丙の太陽の陽射しを浴びて、大きく成長します。
太陽の暖かさが甲の樹木を育てます。

スポンサードリンク

甲木と丙火の関係は、丙火が樹木甲を助ける、
甲木が丙から恩恵を受ける、「火生木」の関係です。
甲と丙のような関係を「反生」と言います。

open-uri20131222-19256-19rp4vw

スポンサードリンク

食傷星であっても日干から補助される食傷の作用ではなく、
日干を生じる、印星のような関係になります。

身弱の甲

秋や冬月生まれの命式に、丙の食神があると
恵まれた環境で生活するとなり、努力は報われやすく、
非常に良い象意となって現れます。

性格も、明るく前向きな人となります。

特に、冬月生まれの水が旺じるときは
丙の太陽が非常にうれしく、上昇運に転じます。

身強の甲

親から愛され、社会的にも、良い上司に恵まれて、
引き立てや援助を受けやすいという環境になります。

ですが、夏月生まれで、暑すぎて水が蒸発しやすい季節に、
この丙火が天干に並ぶ運気がめぐって、水不足になると、
甲の樹木は炎熱によって枯れる状態になり、
ちょっとした刺激にも枝は折れてしまいます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です