宝くじを当てる方法 新月と破軍星で勝負事に勝つ 破軍星の方角とは?

Pocket

破軍星というのをご存知ですか?
吉本博栄さんのメルマガで、この破軍星を使って宝くじを買うという記事を書いておられましたので、破軍星についての情報を集めてみました。

スポンサードリンク

http://開運方法.jp/014.html

破軍星についての情報を集めてみました。

破軍星
http://www.asahi-net.or.jp/~nr8c-ab/afchnhagunsei.htm
破軍星は、北斗七星の柄杓の柄(持つところ)の一番端っこの星を指すようです。

中国では諸葛孔明が
戦に使った記録があるみたい。

勝負ごと、掛け合いごとに
勝つ方法として、破軍星を
つねに後ろにして勝負ごと、
諸相場、掛け合いごとをすれば、
かならず勝てると言う方法。

破軍星を使うには
「破軍星の方向に向かって戦いを挑めば必ず負け、 破軍星を背にして戦えば必ず勝つ」と言うものです。

 破軍星の方角の出し方を書いたHPです。
しっかり読んで、間違えないようにしてくださいね。
破軍星を後ろにですよ。
破軍星に向かって、ではありません。

西野神社 〒063-0021 札幌市西区平和1条3丁目
http://nishinojinja.or.jp/calendar/syoubu.html

「戦いは新月の時に仕掛け、北斗七星を背にして戦へば必ず勝つ」

戊辰戦争において庄内藩の酒井玄蕃は、新政府軍から「鬼玄蕃」と恐れられた名将ですが、北斗七星の力を借りたおはなしや太平洋戦争で日本が負けた理由が、北斗七星だと書いてあります。

スポンサードリンク

新月と破軍星を使って宝くじの買い方

新月に宝くじを買いに行こうと思います。
新月の間には、ボイドタイムという、願い事が叶わない時間があります。
ボイドタイムは、12月12日の午前1時5分から15時46分ですから、この時間帯は避けようと思います。

そして、自分にとって吉方位の反対側に破軍星が来る時間を探せばいいのかな?
なにしろ、破軍星を後ろにですから、北が吉方位なら、南に破軍星がいるとき、でいいのかな?。

ちなみに、二黒土星は12月の吉方位は北、なので南に破軍星がくるのは、ボイドタイムが済んでからですから、
2015年12月13日は、旧暦で2015年11月 3日(先勝)になります。
この日の7時台の破軍星は「午」です。

午前7時では宝くじ売り場、空いてないわ!
破軍星を使えない!

でも、新月を使わなければ、
2015年12月 3日は、旧暦で2015年10月22日(先勝)になります。
この日の10時台の破軍星は「午」です。

でも、12月3日は、まだ11月なので、吉方位は南になります。
で、破軍星は北にならないといけない。

北に破軍星が回るのは、
2015年12月 3日は、旧暦で2015年10月22日(先勝)になります。
この日の21時台の破軍星は「子」です。

宝くじ売り場って、何時まで営業でしたっけ?

新月2015年12月11日(金)19:29
2015年12月11日 19:30  射手座の新月
ボイドタイム:12月12日 1時5分 ~ 12月12日 15時46分

もう少し調べてから、また記事をかきますね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です