2018年運勢九星気学一白水星の仕事運転職や独立は?恋愛結婚運&引越しは?

Pocket

2018年の運勢 一白水星の転職や独立は?恋愛結婚運と引越しは?
2018年・戊戌年の一白水星は乾宮に在泊、衰初の運勢となり、上司や目上の方のを引き立てを受けて成功していく、となり、上司や目上の人との関係や出会いがターニングポイントとなります。

2018年・一白水星の仕事運

2018年は、自信過剰になることなく、素直で謙虚な姿勢が世渡りの術、臨機応変な水遁の術で、上司や目上の人からの挽きたてでに進みます。

yjimage神社

目上の人や力のある人とのご縁を上手に使えるかどうか、引き立てを素直に受けることができるかが、乾宮に在泊する年の特徴。
去年までの強気のエネルギーが残っていて、自分が、自分が・・と、前に出ようと公私ともに目立てたいと考えます。
自信過剰から勇み足や傲慢な態度が、せっかくの応援しようと思っている好意的な先輩や上司と食い違いが起こって、トラブルが生じます。

2018年の一白水星さんは特に、謙虚に誠実な気持ちで周囲に感謝して、自己抑制できるかどうかがポイント。
自分の立場をわきまえた姿勢が、人脈をより確実なものにして、成功へと導かれるのです。

日本は世界に類をみない、春夏秋冬の季節ががはっきりとした国なので、農作業の手順も季節で決まっています。
季節に合わない作業をして、いくら一生懸命に育てて、花を咲かせようとジタバタしても花や植物は思うように育ってくれません。

この「乾」の場所に在泊の時期は、花が終わって、実りの秋を楽しみに待つところなのです。
花が咲いた様子で、秋の収穫の良しあしは大体想像できるはずです。

もっとたくさんの収穫ができるはずだった、これでは足りないと思っても、種を蒔く季節ではないのです。

kakasi

昨年までの花の咲き方や、実のつき方を冷静に見て、収穫の量を予想して、次の収穫をより多くする為に、どんな工夫をしなければいけないのか?目上の人や上司の経験豊かな人の意見を聞いて、力をつけていくところなのです。

 転職や独立は、自分の立場や力量を客観的にみることができず、自信過剰や、背伸びから周囲から浮き上がってしまい、目上の人や上司とトラブルになり、わかってもらえないなら辞めてやる・・・なんてなりかねません。
自分の好きなようにできる環境を求めて、勢いに任せて飛び出しますが、苦労するだけです。
目上の人や、上司との争いは後に尾を引き、後悔することになりますから謙虚に、控え目な態度を心掛けて乗り切りましょう。

スポンサードリンク

2018年の一白水星の仕事関係は、自分から積極的に新しい出会いを求めるというよりは、身近な人たちと密に親交を深める、これまでの人間関係を大事に温めて、今まで以上に強い絆にすることが良い結果につながるようです。

2018年の一白水星の恋愛や結婚運

彼や彼女がいないあなたは、行動範囲を広げないと出会いにつながりません。
自分が動けない人は、目上の人や世話好きな人を頼って、紹介やお見合いをお願いしてみて、とにかく「出会う」ことにこだわってください。

好きな人としか付き合いたくない、情熱的な恋愛・・と言いますが、出会わないと恋愛はできません。
家と職場の往復だけでは、恋愛できないのです。

PAK86_naninanisore20140321_TP_V1

お付き合いが4年・7年と長くなっているのに結婚まで進まないのは、優柔不断な男性が決断できないからではありませんか?
2018年に一白水星が在泊する乾宮は、度胸の年、エイヤッって、清水の舞台から飛び込む勢いがないと、結婚はできません。
彼女が大事なら、エイやって、決断しましょう!

女性が、乾宮に在泊する年に結婚する男性は、夫としてを頼れない人となる傾向があり、共働きはあたりまえ、女性が経済の担い手になる可能性が高い結婚生活になる傾向になります。
仕事に生きがいを求める女性なら、それでいいのでしょうが、結婚したらパートぐらいで、と思っている女性は、金運が強い、経済力のある人を探してみることも考えてみてはどうでしょう。

2018年の一白水星の金銭・引越し・建築

お金に関しては、気持ちが大きくなって、まあこれくらいいいか・・・と、どんぶり勘定になります。

ギャンブルや投資に興味を持って、一攫千金を狙いますが、 自信過剰と、おおざっぱな性格では、勝てません。
堅実にをモットーに心がければ、金運はあります。

引越しや新築・改築、かまいません。
新築や改築は、土用や一白水星が中宮の月はさけてください。

2018年の一白水星の健康運

乾宮は、交通事故・車の事故やケガなどに特に注意が必要な年回りです。
車の運転も、自信過剰からこれぐらい・・・と運転して交通違反や、事故をおこさないように気をつけましょう。
氏神様に毎月お参りして心を落ち着かせたり、安全運転のお守りをいただいて身につけましょう。

2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年
:

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です