四柱推命 日干甲 庚  偏官の相性と象意

Pocket

甲日干と庚 の偏官の相性と象意

甲木は庚金(偏官)の植木屋さんに手入れされて
痛い、辛い思いをしますが、一流の人になります。

スポンサードリンク

甲日干の命式に、庚金があると、向上心が強い人。
常に自分を磨き上げて、世間に認めてもらいたいという
気持ちが強い、前向きな性格の人です。

甲の樹木は、庚金の斧や鋏の運が来た時は、
植木屋さんに手入れしてもらう関係、相性となり、
甲の樹木にとって、大きく変化を求められる時期となります。

今までの生き方や、やり方が通用しないので
新しい自分に生まれ変わらなければいけません。

✩ 身旺の命式
夏月の甲樹木や、春月寅卯に根がある身旺の命式は、
甲乙の比劫が多くあって、余計な枝葉が茂りすぎて
ワガママな人となり、見苦しい枝葉を、庚金の
植木屋さんに手入れしてもらって、きれいな枝ぶりとなります。

菅原文太さんの誕生日は甲と庚の組み合わせ

育ち過ぎて手入れの行き届かない松の木は、
見栄ばかり張って、やたらと虚栄心が強い人物とみます。

スポンサードリンク

庚金によって、きれいに枝葉が剪定されることによって、
バランスが良くなって、世間に認めてもらえます。

✩ 秋月生まれや秋運の甲
秋月には、庚金が強くなりやすいので、
天干に丙丁火があって、庚金の作用を
抑えることが必要になります。

庚菌が強すぎて、甲木を切りすぎると、
性格が積極性を失い、自信がなくなって
何事にも諦めやすくなり、神経質な性格になり、
精神面に悪い影響を与えます

庚金があってさらに、土の財星があると
庚金が力を強めることになって、
甲日干への剋害が大きくなります。

命式中に、壬癸水があれば、庚金の力を水に洩らして
弱めることができ、甲木も潤いをもらって、
庚金からの剋害を和らげることになり、
バランスが良くなります。

また甲樹木にとって、申酉の金星の地支が多い時には
寅卯の根があっても、斧で根を傷つけられ抜根と
なりやすいのですが、亥子の水星があれば、
金気を洩らしてエネルギーを整えられます。

水は、寅卯を生じて潤いを与えて樹木は、
しなやかに強くなりますから「抜根」という、
根本から切られる状態にはなりません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です