四柱推命占い 宮沢磨由さん壬午 胎の日の結婚運や男性運

Pocket

宮沢磨由さん四柱推命占い 大運桃花殺のモテ期終了33歳からの運勢
誕生日は、1981年12月30日  34歳

日 月 年
壬 庚 辛 空亡 申酉
午 子 酉 本命 一白水星

02 12 22 32 42 52
庚  辛  壬  癸  甲  乙
子  丑  寅  卯  辰  巳

宮沢磨由さんは壬午(みずのえうま)の日生まれ、川や海がイメージ。

壬水は月支の子水に根がありますから、大きな川や海の風景がイメージになります。
庚・辛・酉の金星が3個あって、船が浮かんでいます。
午火は、海や湖の水平線から、太陽が昇って、10年ごとの大運・卯月3月は桜が咲いていました。

海津大崎 
出典:http://www.biwakokisen.co.jp/event/bianca_sakura_2015.php

宮沢磨由さんの1981年12月30日の性格

壬水は子水とともに大量に流れる川や海ですから、男性的で行動力があり、目的に向かってまっすぐ進んでいきます。
金星3個で大過となり、多芸多才・多趣味、いろんなことに興味を示して、そつなくこなしますが、熱しやすく冷めやすいタイプで、土の忍耐力がありませんから、継続力に欠けます。

比肩・劫財に印星大過ですから、気ままで自分勝手な傾向が強く、男性の好みも地位名誉にこだわり頼りになる男性を求めながら、自分が大人しく相手に従うことができる性格ではないようですから、自分のわがままが効く男性でないと、長続きしません。

宮沢磨由さん・1981年12月30日の恋愛・結婚運

13歳から42歳までは壬寅・癸卯と大運が春の運ですから、甲・乙の樹木が生えていない殺風景な風景に緑が加わって癒される景色に変化していきますが壬・癸と比劫運ですから、若いこともあり、自分の可能性を試したいとなります。

特23歳から32歳までの大運は、午・子・酉・卯の四旺が揃う桃花殺と言われる開運期となり、努力以上に評価される運気でした。
2007年丁亥の「ミス湘南」を皮切りにグラドルとして活躍されているようです。

スポンサードリンク

さて、33歳からの大運は甲辰(きのえたつ)。
卯木の花畑の桃花殺運が終わって、甲の樹木が辰土とともに現れました。

甲木が1本生えてきましたが、庚・辛・酉の金星3個は、甲木を見つけると切りたくなるのです。
辰土に乙の小さな根っこがありますが、丙申の2016年は、命式にある子水と大運の辰・年運の申が合体する申子辰の三合水局となり、大水が暴れまわる風景。

今までの桃花殺運が何でも夢が叶う運でしたが、2016年の申子辰三合水局は自分のわがままから、今まで築き上げたものを押し流して、場合によっては何もかも無くしてしまう、やり直しの運のようです。

幸い、丙の太陽が午火と一緒に頑張って輝こうとしますが、丙辛の干合があってエネルギーは半減しています。
ただ、2月は寅月で、寅午戌火の三合半会があり、冷静に行動すれば回復できるでしょう。

丙・丁はこの誕生日にとって「用神」となりますから、年運は見方していると考えて、生き方や考え方を変えれば、やり直しできるでしょう。

気持ちを切り替えて新しい人脈・前向きに人生を考えられる相手をさがしましょう。
丙申・丁酉・戊戌・己亥は結婚運がアップしてきます。

甲辰運は、辰土の土手で水の流れをほどよく抑制して、甲木を育てて、今までの花畑から少し違う風景に作り変えて、落ち着く風景をつくるとなり、女性にとっては、結婚して落ち着くことも考えられます。

相性の良い人は、卯年や卯月生まれの人。
男性でも女性でも、運を上げてくれる可能性大です。
お友達になって大事にしましょう。

43歳からの乙巳運は、初夏の乙の柔らかい植物、花やツルが生えてきますが、巳酉丑の金局というのがあり、乙の植物を切りたいという運
で、精神的にダメージを受けやすいことが起こりやすいのですが、それが吉とでるか、凶とでるかは、性格や生き方によって違ってきます。
一月までは、乙未の年だったことを考えると、用心するにこしたことはなさそうです。

思いつくままに書いてみましたが、同じ誕生日でも、生まれ育った環境によって、性格が違うし生き方も違いますので、みんながこうなるとは限りません。
参考程度に収めてくださればさいわいです。

最後まで、読んでいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です