鶏胸肉が下ごしらえ3分と熱湯だけでしっとりジューシーな鶏ハムに変身!

Pocket

しっとりジューシーな鶏ハムが下ごしらえ3分と熱湯だけで失敗なし^^。

作り置きしておくとハムの代わりを十分に勤めてくれますから、サラダやサンドウィッチ、そしてうどんやラーメンの具など、個性があまりないのでなんにでも使えて便利です。

胸肉と言えばバンバンジーですが、盛り付けしだいで、豪華になりますよ。
金銭的にもカロリー的にも優しい一品です。
では、つくり方です。

スポンサードリンク

材料 と必要なもの

24cmの鍋
サランラップ
ジップロック

鶏胸肉・350g~400g 1枚
砂糖 大さじ1
塩 大さじ1

こしょう 好みの量
自分のお好みのスパイスがあれば、適量

鶏胸肉ハムのつくり方

1・鶏胸肉の皮、私は一緒に調理した方が潤なかんじで好きですが、好みで剥いでもOK。
2・保湿のために胸肉に最初に砂糖をまんべんなく塗り、次に塩も塗り込みます。

  (これをやるとやらないで、全然口当たり・感触が違ってしまいますのでていねいに、揉み込む感じで)
  (コショーやお好みのスパイスを使って自分好みにすることもOK)
3・ラップで包んで、ジップロックに入れて、空気をできるだけ抜いて口を閉じます。

FullSizeRend胸肉2er
4・ 冷蔵庫で1日寝かせておきます。
(例えば、買ってきたらすぐに砂糖と塩を揉み込んで、冷蔵庫に寝かせて、次の日になったら時間があるときに調理する。)

鶏胸肉を一日寝かせたら、
5・24cmの鍋に8割ほど、水を入れて沸騰させます。
FullSizeRend胸肉4er

スポンサードリンク

6・沸騰させたお湯に、鶏むね肉をジップロックに入れたまま放り込み、むね肉がお湯で浮くようなら、小皿などを上からかぶせ、お鍋の蓋をかぶせます。
胸肉を沸騰したお湯に投入
FullSizeRend胸肉5er

お皿を重しにして
FullSizeRen胸肉6der

お鍋に蓋をして・・・
FullSizeRend胸肉8er

7・火を止めます
(火はお湯が沸騰したら止めてから、作業をしてもいいです。)

7・自然に熱が冷めるまで放っておいて、冷めたら出来上がりです^^。
  簡単でしょ!

ツヤツヤしているのが見えますか?ジューシーなんです。
FullSizeRend胸肉7er

コツ・ポイント

鶏肉の大きさや室温などの条件によって、口当たりというか、舌の感触が随分違ってきます。
何回か作って、自分ごのみのハムに挑戦してください。
時には、生ハム風になっていたり、思いがけなくいろんな感触が楽しめます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です