お賽銭の意味と、お願い事を叶えるお賽銭?金額の語呂合わせ

Pocket

神社にお参りするときに、5円や100円、ときには紙幣でお賽銭をお供えすることと思います。
実は、お賽銭は、お願いを聞いてもらうためのもの、と考えておられるとしたら、それは大きな間違いなのです。
ここでは、お賽銭の持つ意味をご紹介します。

スポンサードリンク

お賽銭の意味

「ご縁」がありますようにという語呂合わせから、お賽銭5円で良縁を呼ぶ・ご利益がいただける、との俗信がいつのころからか広がって「お賽銭は5円が良い」と、5円のお賽銭でお参りする人が多い様に思います。

FullSizeRend愛宕神輿er
本によっては、「10円のお賽銭は「遠縁」で縁が遠くなるからダメなどと書かれていることもあって、より、お賽銭は五円玉、という俗信が広まったのではないかと思います。

神社には、賽銭の「賽」という字を使った、「報賽」「奉賽」という言葉があるのですが、これは、「神様からいただいた幸福に感謝します」という意味があります。

つまり、お賽銭は「お願いを叶えてください」と、供える祈願料なのではなく、「神様・お陰さまで幸福にくらしておりますことに感謝します。ありがとうございます」ということの意思表示、気持ちで、奉納するものなのです。

ただし、お願いをしてはいけないということではなく、先に、神様に感謝の気持ちを表してから、お願いを聞いていただくのが筋、ベストなのです。

神社本庁をはじめ、どの神社の公式HPにも、お賽銭について「5円はご縁に繋がるとか、ご縁を呼び寄せるので良い」などと書かれているのをみたことがありません。

現在使われている「円」という通貨単位は、明治以降に始まったものですし、明治時代の5円は金貨です。
通貨価値からソイ像すれば、戦後に広まった語呂合わせの俗信が広まったのだと思います。

FullSizeRend野々宮神輿er

神社の祭祀を行ったり、社殿や施設の維持をしていくには大変な費用がかかることは想像できますし、お賽銭が多いほど神様が喜ぶという事ではありませんが、5円のお賽銭にこだわることなく、感謝の気持ちでそれぞれのお賽銭を奉じられてはいかがでしょうか?

と、言いながら、お賽銭の語呂合わせ、面白いのでご紹介しますね。

お賽銭の金額の語呂合わせ

良い意味の語呂合わせ

5円:ご縁がありますように

10円:5円を2枚:重ね重ねご縁がありますように

15円:5円を3枚:十分ご縁がありますように

20円(5円4枚):よいご縁がありますように

21円と31円  :割り切れない数字なので、恋愛継続・夫婦円満願に良いとされています。

25円(5円5枚):二重にご縁がありますように

30円(5円6枚):安定と調和のとれたご縁がありますように

35円(5円7枚):再三ご縁がありますように

スポンサードリンク

40円(5円8枚):末広にご縁がありますように

45円(5円9枚):始終ご縁がありますように

50円(5円10枚):五重の縁がありますように )「五重の縁がありますように」とか、「10倍のご縁がありますように」という意味がありますが、この場合は50円玉一枚を使うことが多いようです

55円(5円11枚):いつでもご縁がありますように・午後にお参りすると良い。

105円(5円21枚):十分にご縁がありますように

115円(5円23枚):いいご縁がありますように

125円(5円25枚):十二分に御縁がありますように

485円(5円97枚):四方八方からご縁がありますように

1万円:1万円は「円万」ということから、円満に通じる

全部5円玉でなくてはいけないわけでなく、50円玉や100円玉と合わせても大丈夫だそうです。

悪い意味の語呂合わせ

65円(5円を13枚):ろくなご縁がない

75円(5円を15枚):なんのご縁もない

85円(5円を17枚):やっぱりご縁がない

95円(5円を19枚):これでもご縁がない

500円:これ以上効果(硬貨)がない

お賽銭に使わないほうがいい硬貨があるって知ってました?

お賽銭と言えば、「5円玉」が頭に浮かびます!

でも、財布に5円玉がない時、いくらにしましょう?って迷いますよね。

お賽銭に使わないほうがいい硬貨の種類と理由

•10円は、別に”とお”とも数えることから、とおえん・ご縁が遠くなる

•500円は、500円より大きな硬貨はないので、これ以上の大きい効果が期待できない

だ、そうです。

個人的に、語呂合わせが好きで、5円にこだわりたい人はどうぞ~です。
でも、特にお願い事をするような時には、無理をすることはないと思いますが、神様は、あなたのお財布の中身をご存知だと思いますし、ご自分の感謝の気持ちをご自分の収入にみあったお賽銭で、お参りされてはいかがでしょうか?

お参りの仕方

また、お賽銭は、投げ入れるものではなく、そっと入れましょうね。
人にお金を渡す時に、投げて渡すことは、しませんよね。
もし、自分がお金を受け取るときに、投げるような感じで渡されて、気持ちがいいものじゃないですよね。

まして、神様へ感謝の気持ちをあらわすのです。
丁寧に、お参りしましょう。

1.賽銭箱に賽銭を入れます。
賽銭を入れることで心の靄を祓うという意味もあります。

2.鈴を鳴らします。
鈴の音によって祓い清め、神を呼びます。

3.二拝(2回頭を下げて深くおじぎをする)
神への敬意を表します。

4.二拍手・
まず、胸の高さで掌を合わせ、右手を少し下にずらして二拍手してから、指先をきちんと合わせて祈りを込めてから手を下ろします。
掌をずらすのは、神と人とがまだ一体になっていないということ。二度手を打つことで神を招き、その後、掌を合わせることで神人が一体となり、祈願を込めて神の力を体得するからだといわれています。

5.最後に一拝
もう一度おじぎをすることで神を送ります。

終了

※「二拝二拍手一拝」が参拝作法の基本ですが、神社によっては特殊な拝礼作法を行っているところもあります。

出典:三浦 康子 暮らしの歳時記 ガイド

神道初心者のために、正しい作法や神社の基本について、神社本庁教学研究所が出している「神道いろは―神社とまつりの基礎知識」

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です