五黄殺暗剣殺へ引越しする時の対処法3つ、3年間は効果あり?

Pocket

五黄殺暗剣殺へ引越しする時の対処法3つなど、どうしても、年盤が大凶方位への引越しをしなければいけないときは?
お引越しには夫の引越しを優先させますが、できれば、お互いの月盤と日盤の祐気で引越しをします。

スポンサードリンク

南西八白土星暗剣殺へ引越しする場合

例えば、夫が3碧木星、妻が七赤金星の場合。
3碧木星
9月8日~10月7日まで

7赤金星
8月8日から9月6日まで

せめての月盤の吉方位です。

この場合、
7赤金星の妻が8月26日(金)か27日(土)に引越しをする。
3碧木星の夫が9月11日に引越しをする。
というのが理想です。

こんなに、間を空けての引越しは無理、というなら7赤金星の妻が9月6日、3碧木星の夫が9月8日に引越しする。

引越しは、身体の移動ですから、荷物は関係なく、寝泊りすることで引越しと考えます。
荷物は夫、妻、家の片付けを主にする方の日にちで、運んでください。

御夫婦で日にちを月を跨って2・3日ずらす形になりますが、気学の吉方位が気になる、という方は参考にされてください。

この方法は、四柱推命の運気の強弱にもよりますが、効果は一応、3年間くらいあります。
私自身、4年目で体調にでました。

3年間の間に、氏神様のご加護や、祐気採り・家相などで、補って、できるだけ軽い事象で済むように祈りましょう。

実際には、凶方位に引っ越しても何もない人も多いので、凶方位だと必要以上に怖がらないで欲しいです。
人生、多少の波風がたtのは普通ですよね^^。

ただ、わざわざ自分で選んで行くことはないとはおもいます。

凶方位への引越し対策

引越しをされてしまった方に向けて書かせていただきました。

自分も五黄殺に引っ越して、12年間いろんなことがありましたが、下記のことを実行して何とか乗り切ることができました。
12年間、過ぎれば凶殺は消えるようです。

凶方位にどうしてものときは、やってみてください。

スポンサードリンク

氏神様

引越し先の神社、氏神さまへご挨拶のお参りをする。
 ⇒近くにある、自分が行きやすい神社に引越しのあいさつをしましょう。

引越しをしたら、ご挨拶にいくのはもちろんですが、昔は月に一度、お家賃を持って、大家さんに伺いました。
毎月、お参りしましょう。
土地は氏神様からの賃貸物件?なんだそうです。

毎月、元気に過ごせているとご挨拶に、お参りされることをおススメします。

家の中で引越し

・部屋の中、家の中で、吉方位へ寝るところを変える。

これは、家の中で、最終的にどの部屋を寝室に使いたいのかで、引越ししてすぐには、使いたい部屋が吉方位になるまで、待って移動します。

引越しする日にちが決まってから、考えることになります。

気学の祐気採りをする。

祐気採りも、毎年、毎月方位がかわります。
ネットで調べると、やり方が書いてありますから、続けることをおススメします。

距離×時間、と言われますが、なかなか泊まりがけの祐気取り旅行は無理、というかたは、毎日30分から1時間くらいの祐気取り散歩も、積み重ねれば効果があります。

気門遁甲の吉方位を使う。

奇門遁甲は、得意ではありませんので、友人を紹介します。
http://ameblo.jp/panda4734/entry-12160891268.html

徳田恵子さん、直接お会いして、私自身は信頼できる方と思っております。
ブログを読んでいただいて、納得されたら、相談されてみてください。
親身になって相談にのってくださる、面倒見の良い先生です。

以上、凶方位へ、どうしても引越しをしなければ、してしまった方の参考になれば、と書いてみました。
方位を使って開運をする方は、時間をかけて吉方位が来るまで待って、引越しをします。

引越しだけでなく、運を使うかたは、その時期に向けて準備して時期を待って動いています。
思いつきで動くと失敗することのほうが多いです。
計画性を持って行動しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です