運気改善方法 家にいて運気をあげる簡単な6つの方法

Pocket

家にいてできる 運気を上げる簡単な方法

あなたの家や部屋は あなた自身の健康や仕事運などの基盤となる場所で、運気や運勢に密接に関係があると考えます。
仕事が忙しくて、ただ寝るだけの場所一日に数時間しかいない場所と、単純に考えているともったいないです。

住んでいる場所や家に愛着がないので、窓を開けて空気の入れ替えをしなくても平気、ゴミが溜まっても気にならない、こんな家に住んでいる方で運気が良い方はあまりみかけません。

今からすぐにできる家の中の気を替えて、運気改善の方法をご紹介しますね。

スポンサードリンク

粗塩で部屋の気を浄化

粗塩は昔から邪気を払い、浄化に使われてきました。
例えば、お葬式に参列した時に玄関の前で、お塩を身体に振って身を清めた経験があると思います。

それから、飲食店の出入り口に盛り塩をしているのを見かけますよね。

お塩は精製されていない粗塩(あらじお)を使います。

お塩にも色々種類があり、できるだけ精製されていない荒塩がおすすめです。
スーパーでも、売っています。

家の中で一番大切な玄関を浄化する

玄関は家の内外の気が出入りする大切な場所ですから、玄関のタタキにあるものをみんな片付けて粗塩をひとつまみ撒いて、ほうでキレイに掃き清めましょう。
それだけで家の気をきれいに浄化できます。

室内の盛り塩の方法

家の中心、居間などに盛り塩を置くのも効果があります。

よどんだ空気を粗塩が吸い取ってくれます。
盛塩は邪魔にならない場所に、小皿に少し山になるように粗塩を乗せて、気になる場所に置きましょう。
コンセントのソバにおくとコンセントが溶けてきますので、置かないでくださいね。
1週間位を目安に交換し、使い終わった塩は台所やトイレなど水で流します。

スポンサードリンク

塩風呂で自分を清める

嫌なことがあった日やイライラしている時は一握りのお塩を入れたお風呂に入って、心身の汚れのアク出しをして、気の浄化をしましょう。塩は保温効果があるので市販の入浴剤にも使われていて、多めに塩を入れたお風呂は優秀な入浴剤になります。

お肌が丈夫な人は、お湯に浸かる前に、塩で身体をこすってみるのはいかがですか?
主人のお母さんがお風呂場でやっていましたが、ツルツルお肌で、88歳まで元気で長生きでしたよ。

ただし、お風呂の材質によっては、塩が使えませんのでご注意。

寝具をこまめに洗濯、清潔に

人は寝ている間に、よどんだ気を体外に出し新しい気を取り入れる、心と身体の気が整えられると考えます。

眠っている間に、部屋は澱んだ空気で充満していますから、朝一番に、窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。

また寝具の定期的な交換は、寝具が汚れた気を吸っていると考えて、頻繁に寝具を洗濯して汚れを洗い落として、清潔に保つ事が運気を上げることになるのです。

新月で運気改善の効果的な方法

毎月新月と満月がありますが、新月を使った、気の入れ替え方法です。

新月の次の日の、日の出の時間がすぎて、できるだけ早くに行います。

玄関はもちろん、家の窓など開閉口を全て開けます。
自分の寝室や子供部屋、トイレ、浴室、台所、など。

それから、家の外に出て、10分ほど待ちます。
10分たったら、家に入って、開閉口を全て閉じます。

そして、お湯を沸かして、飲みます。
白湯でも、コーヒーでも、お茶でも、好きなものをどうぞ。

これで、家の中の気の浄化ができます。
これを、気が済むまで、毎月行えば、運気改善できます。

事業を新しく始める方や、商売が今ひとつ・・・というかたは、事務所やお店の気の入れ替えをしましょう。
運気改善、信じて実行してみてください。

一ヶ月に一回のことです。

まとめ、

ご紹介した改善方法、どれからでも、ひとつづつでもやってみてください。
きっと変化が現れます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です